×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

RFID作業員接近警報装置「IDガードマン」
(AC-160024-VE)  (KT-150103-VE) 更新履歴
副題 RFIDタグを利用した接近監視及び警報する装置
開発会社 西尾レントオール株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、作業員の重機作業エリア接近時における注意喚起する技術で、従来は、ロードコーンによる作業範囲区別と誘導員による誘導で対応していた。 本技術の活用により、車輌の構造的死角も解消して全方位監視が可能になるため、安全性の向上に期待できる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

 写真ギャラリーが未登録です。

動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

資料をダウンロード

 ダウンロードできる資料がありません。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・作業員の重機作業エリア接近時における注意喚起する技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・ロードコーンによる作業範囲区別と誘導員による誘導

③公共工事のどこに適用できるのか?

・トンネル工事
・シールド工事
・土木工事
・舗装工事
・建築工事

④その他

・IDガードマンは、RFIDタグを利用した重機等への作業員接近監視及び接近警報をする装置です。
・重機操作に集中するオペレーターへの周囲作業員の接近を光(回転灯)と音(警報ブザー)で知らせることが出来ます。
・RFIDタグは作業員のヘルメットへ取り付たり、ポケット等に入れて携帯します。
・重機の可動範囲や作業場所に合わせて、検知エリアをツマミを回すだけで任意に変更できるため、仮設バリケード等の盛換え工事が最小限で良く、経済的です。
・重機からの検知距離は、2系統の設定が出来ます。2台の回転灯を動作させることが出来ます。
・重機等での利用時に車輌オペレーターの携帯するタグをワンプッシュで警報しないようにする機能も搭載しています。

IDガードマン 概要

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

RFID作業員接近警報装置「IDガードマン」
(AC-160024-VE)  (KT-150103-VE)
副題 RFIDタグを利用した接近監視及び警報する装置
開発会社 西尾レントオール株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、作業員の重機作業エリア接近時における注意喚起する技術で、従来は、ロードコーンによる作業範囲区別と誘導員による誘導で対応していた。 本技術の活用により、車輌の構造的死角も解消して全方位監視が可能になるため、安全性の向上に期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/17)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・作業員の重機作業エリア接近時における注意喚起する技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・ロードコーンによる作業範囲区別と誘導員による誘導

③公共工事のどこに適用できるのか?

・トンネル工事
・シールド工事
・土木工事
・舗装工事
・建築工事

④その他

・IDガードマンは、RFIDタグを利用した重機等への作業員接近監視及び接近警報をする装置です。
・重機操作に集中するオペレーターへの周囲作業員の接近を光(回転灯)と音(警報ブザー)で知らせることが出来ます。
・RFIDタグは作業員のヘルメットへ取り付たり、ポケット等に入れて携帯します。
・重機の可動範囲や作業場所に合わせて、検知エリアをツマミを回すだけで任意に変更できるため、仮設バリケード等の盛換え工事が最小限で良く、経済的です。
・重機からの検知距離は、2系統の設定が出来ます。2台の回転灯を動作させることが出来ます。
・重機等での利用時に車輌オペレーターの携帯するタグをワンプッシュで警報しないようにする機能も搭載しています。

IDガードマン 概要

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/17)
RFID作業員接近警報装置「IDガードマン」
(AC-160024-VE)  (KT-150103-VE)
副題 RFIDタグを利用した接近監視及び警報する装置
開発会社 西尾レントオール株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、作業員の重機作業エリア接近時における注意喚起する技術で、従来は、ロードコーンによる作業範囲区別と誘導員による誘導で対応していた。 本技術の活用により、車輌の構造的死角も解消して全方位監視が可能になるため、安全性の向上に期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/17)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。