×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・軽量で取扱いが簡単な超硬質の高密度ポリエチレン製の敷板

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・鉄製の敷板

③公共工事のどこに適用できるのか?

・工事全般の下地の養生
・仮設工事(道路・資材置場)
・災害復旧工事(軟弱地盤上や液状化発生地盤上の通路確保)
・防災訓練(物資荷受けスペースの確保)

④その他

・新技術の敷板は、施工現場のぬかるんだ土地などに敷くだけで、トラックなどが自由に通行できるようになる敷板である。

・新技術の敷板は、1枚1枚が39キロと軽量であるため、敷設作業においてクレーンなどの重機が不要で、人力で簡単に敷くことができる。

・新技術の敷板は、プラスチック製(高密度ポリエチレン製)でありながら、大型トラックが載っても割れることがない。

・新技術の敷板は、両面に滑り止め加工が施されているので、その上で作業員が滑りにくく、車両のスリップ防止にも役立ち、また、車両等から外力を受けても敷板自体がズレ動くことがない。

・従来技術の鉄板(鉄製の敷板)は1枚が500キロから1トン近くという大重量であるために、必要枚数を1台の車両にまとめて積載できなかった。そのため、ピストン輸送か複数台の車両が必要となり、輸送コストが高くなるという問題がある。これに対して、新技術の敷板は軽量なので、現場で必要な枚数の敷板を、1台の車両で一度にまとめて輸送できるため、輸送コストが安い。

・従来技術の鉄板は1枚が500キロから1トン近くという大重量であるために、施工現場での敷設や移動の作業のためにクレーンなどの重機が必要だったため、敷設作業に時間がかかり、敷設のコストが高い。これに対して、新技術の敷板は軽量なので、手作業で敷設でき、また、移動も簡単であり、クレーンなどの重機も不要なので、敷設コストが安い。

・従来技術の鉄板には滑り止め加工は施されていないので、作業員が滑り易く、また車両がスリップし易いという問題がある。これに対して、新技術の敷板では両面に滑り止め加工が施されており、(表側の滑り止め加工によって)作業員が滑りにくくなるとともに車両がスリップしにくくなり、また、(裏側の滑り止め加工によって)敷板自体が地面に対してズレ動かなくなるので、作業環境が良くなる。

敷板「こうじばん」の概要

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

こうじばん
  (KT-150063-A)
副題 軽量で取扱いが簡単な超硬質の高密度ポリエチレン製の敷板
開発会社 Signature Systems Group (アメリカ合衆国の民間事業者)
区分 製品
アブストラクト 本技術は、軽量で取扱いが簡単な超硬質の高密度ポリエチレン製の敷板で、従来は、鉄製の敷板で対応していた。本技術の活用により、大量の敷板を一度にまとめて輸送できるようになるため、敷板の輸送コストの縮減が図れます。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・軽量で取扱いが簡単な超硬質の高密度ポリエチレン製の敷板

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・鉄製の敷板

③公共工事のどこに適用できるのか?

・工事全般の下地の養生
・仮設工事(道路・資材置場)
・災害復旧工事(軟弱地盤上や液状化発生地盤上の通路確保)
・防災訓練(物資荷受けスペースの確保)

④その他

・新技術の敷板は、施工現場のぬかるんだ土地などに敷くだけで、トラックなどが自由に通行できるようになる敷板である。

・新技術の敷板は、1枚1枚が39キロと軽量であるため、敷設作業においてクレーンなどの重機が不要で、人力で簡単に敷くことができる。

・新技術の敷板は、プラスチック製(高密度ポリエチレン製)でありながら、大型トラックが載っても割れることがない。

・新技術の敷板は、両面に滑り止め加工が施されているので、その上で作業員が滑りにくく、車両のスリップ防止にも役立ち、また、車両等から外力を受けても敷板自体がズレ動くことがない。

・従来技術の鉄板(鉄製の敷板)は1枚が500キロから1トン近くという大重量であるために、必要枚数を1台の車両にまとめて積載できなかった。そのため、ピストン輸送か複数台の車両が必要となり、輸送コストが高くなるという問題がある。これに対して、新技術の敷板は軽量なので、現場で必要な枚数の敷板を、1台の車両で一度にまとめて輸送できるため、輸送コストが安い。

・従来技術の鉄板は1枚が500キロから1トン近くという大重量であるために、施工現場での敷設や移動の作業のためにクレーンなどの重機が必要だったため、敷設作業に時間がかかり、敷設のコストが高い。これに対して、新技術の敷板は軽量なので、手作業で敷設でき、また、移動も簡単であり、クレーンなどの重機も不要なので、敷設コストが安い。

・従来技術の鉄板には滑り止め加工は施されていないので、作業員が滑り易く、また車両がスリップし易いという問題がある。これに対して、新技術の敷板では両面に滑り止め加工が施されており、(表側の滑り止め加工によって)作業員が滑りにくくなるとともに車両がスリップしにくくなり、また、(裏側の滑り止め加工によって)敷板自体が地面に対してズレ動かなくなるので、作業環境が良くなる。

敷板「こうじばん」の概要

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
こうじばん
  (KT-150063-A)
副題 軽量で取扱いが簡単な超硬質の高密度ポリエチレン製の敷板
開発会社 Signature Systems Group (アメリカ合衆国の民間事業者)
区分 製品
アブストラクト 本技術は、軽量で取扱いが簡単な超硬質の高密度ポリエチレン製の敷板で、従来は、鉄製の敷板で対応していた。本技術の活用により、大量の敷板を一度にまとめて輸送できるようになるため、敷板の輸送コストの縮減が図れます。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。