×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・近隣住民用お知らせウェブシステム(ホームページ)


②従来は、どのような技術で対応していたのか?

・ウェブカメラ及び現場ホームページ



③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路改良工事
・車線拡幅工事
・港湾工事
・河川工事
・建設工事




④その他・追記・詳細

・システム上で発行されるQRコードにより、工事のお知らせ用紙、及び仮囲いに掲載し、建設・土木現場の工事情報、車線規制情報等を近隣住民にお知らせをすることができる。
・工事現場の地図を専用作成アプリで作成し、ウェブ上に掲載し、建設資材搬入業者及び作業員に対して工事現場や搬入口を簡単に図示できる技術。
・騒音値±13%以内の目安騒音値と現地の映像写真を専用端末で計測・撮影しサイト上に掲載できる。
・ホームページの開設・更新に専門業者を必要とせず現場管理者が容易に制作する事が出来る。
・ウェブカメラを設置する必要性が緩和される。
・工事情報等掲示板等の付加ウェブお知らせ技術としてに活用できる。
・イメージアップを図りたい場合に有用なシステム。
・市販機器を利用してのシステムなので耐久性については特になし。

近隣住民用お知らせウェブシステム概念図

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

近隣住民用お知らせウェブシステム
  (KT-150019-VE)
副題 近隣住民へ工事に関するお知らせ情報提供及び進捗映像等をお知らせするウェブシステム
開発会社 株式会社ARKUS
区分 システム
アブストラクト 本技術は近隣住民用お知らせウェブシステム(ホームページ)で、従来はウェブカメラ及び現場ホームページで代用していた。本技術の活用により、工事管理者に多くの負担をかけることなく、工事の透明性や近隣住民への配慮を高め、工事への理解を深めることができます。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/15)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・近隣住民用お知らせウェブシステム(ホームページ)


②従来は、どのような技術で対応していたのか?

・ウェブカメラ及び現場ホームページ



③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路改良工事
・車線拡幅工事
・港湾工事
・河川工事
・建設工事




④その他・追記・詳細

・システム上で発行されるQRコードにより、工事のお知らせ用紙、及び仮囲いに掲載し、建設・土木現場の工事情報、車線規制情報等を近隣住民にお知らせをすることができる。
・工事現場の地図を専用作成アプリで作成し、ウェブ上に掲載し、建設資材搬入業者及び作業員に対して工事現場や搬入口を簡単に図示できる技術。
・騒音値±13%以内の目安騒音値と現地の映像写真を専用端末で計測・撮影しサイト上に掲載できる。
・ホームページの開設・更新に専門業者を必要とせず現場管理者が容易に制作する事が出来る。
・ウェブカメラを設置する必要性が緩和される。
・工事情報等掲示板等の付加ウェブお知らせ技術としてに活用できる。
・イメージアップを図りたい場合に有用なシステム。
・市販機器を利用してのシステムなので耐久性については特になし。

近隣住民用お知らせウェブシステム概念図

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/15)
近隣住民用お知らせウェブシステム
  (KT-150019-VE)
副題 近隣住民へ工事に関するお知らせ情報提供及び進捗映像等をお知らせするウェブシステム
開発会社 株式会社ARKUS
区分 システム
アブストラクト 本技術は近隣住民用お知らせウェブシステム(ホームページ)で、従来はウェブカメラ及び現場ホームページで代用していた。本技術の活用により、工事管理者に多くの負担をかけることなく、工事の透明性や近隣住民への配慮を高め、工事への理解を深めることができます。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/15)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。