×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

衝撃加速度は、密度および一軸圧縮強さと相関性が非常に高いことから、盛土の施工管理に必要な密度および一軸圧縮強さを衝撃加速度により提供できる。
具体的に、衝撃加速度による盛土の品質管理方法は、転圧後の盛土表面の衝撃加速度を測定し、あらかじめ求めておいた衝撃加速度と乾燥密度または一軸圧縮強さの関係より、乾燥密度または一軸圧縮強さを推定することにより、迅速、簡易、安価、直接、ほぼ非破壊で盛土の品質管理を実施できる方法である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

盛土の密度および含水比を、現場密度試験(砂置換法)により求めた。現場密度試験(砂置換法)は、結果の判明までに時間を要していた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

密度管理を行っている各種盛土の品質管理法として適用できる。
固化材により、改良した材料による盛土の品質管理に使用できる。

衝撃加速度の原理

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

衝撃加速度による盛土の品質管理方法
  (HK-130011-VR)
副題 衝撃加速度により迅速、簡易、安価に盛土の品質を測定する方法
開発会社 独立行政法人 土木研究所 寒地土木研究所
区分 機械
アブストラクト 衝撃加速度による盛土の品質管理方法は、迅速、簡易、安価に道路盛土および河川堤防の品質管理に必要な、,盛土の密度および強度を衝撃加速度により測定し、盛土の品質を確認できる方法である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

衝撃加速度は、密度および一軸圧縮強さと相関性が非常に高いことから、盛土の施工管理に必要な密度および一軸圧縮強さを衝撃加速度により提供できる。
具体的に、衝撃加速度による盛土の品質管理方法は、転圧後の盛土表面の衝撃加速度を測定し、あらかじめ求めておいた衝撃加速度と乾燥密度または一軸圧縮強さの関係より、乾燥密度または一軸圧縮強さを推定することにより、迅速、簡易、安価、直接、ほぼ非破壊で盛土の品質管理を実施できる方法である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

盛土の密度および含水比を、現場密度試験(砂置換法)により求めた。現場密度試験(砂置換法)は、結果の判明までに時間を要していた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

密度管理を行っている各種盛土の品質管理法として適用できる。
固化材により、改良した材料による盛土の品質管理に使用できる。

衝撃加速度の原理

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
衝撃加速度による盛土の品質管理方法
  (HK-130011-VR)
副題 衝撃加速度により迅速、簡易、安価に盛土の品質を測定する方法
開発会社 独立行政法人 土木研究所 寒地土木研究所
区分 機械
アブストラクト 衝撃加速度による盛土の品質管理方法は、迅速、簡易、安価に道路盛土および河川堤防の品質管理に必要な、,盛土の密度および強度を衝撃加速度により測定し、盛土の品質を確認できる方法である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。