×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

高性能GPSまたは自動追尾トータルステーションを利用することにより、モータグレーダ、アスファルトフィニッシャを自動制御して、路盤整正や舗装敷均しを行い、施工効率や仕上がり精度を向上させる舗装工法である。また、締固め回数の管理により締固め密度の測定を省略することができる。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

現地測量を行い丁張を設置して、人力にて検測をしながら高さ管理を行い、オペレータ操作によってモータグレーダ、ならびにアスファルトフィニッシャで整正ならびに敷均し作業を行っていた。
・従来は人力による施工管理であったため、丁張設置に時間を要して効率が悪く、高い精度を期待できなかった。
・従来はオペレータによる機械操作と人力検測であったことから、品質がオペレータと検測作業員の能力に左右されていた。
・従来は人力検測であったことから、建設機械と検測作業員との接触事故の可能性が高かった。
・従来は締固め密度が得られるまでに時間を要した。

③公共工事のどこに適用できるのか?

アスファルト舗装工、路盤工に適用できる。特に面積が広い箇所、高度な平坦性を要求される箇所に適用できる。
たとえば、土工、道路舗装、空港、公園工事等が挙げられる。

④追記
【本技術の特徴】
高性能GPSシステムの場合
現場内のGPS基地局からの位置情報と、同じ現場内に設置したゾーンレーザからの高さ情報を、事前に設計データを入力されたコントロールボックスを搭載した建設機械のセンサが(X、Y、H)を受信して、油圧制御装置に送信、建設機械を自動制御しながら施工するものである。
トータルステーションシステムの場合
現場内に固定したトータルステーションが、あらかじめ設計データを入力されたコントロールボックスを搭載した建設機械のセンサを自動追尾して(X、Y、H)を連続的に測定し、油圧制御装置に情報を送信、建設機械を自動制御しながら施工するものである。GPSを利用しないため、トンネル内など上空障害のあるところにも対応できる。

ND-IT施工システムの特徴は、この2つを組み合わせることによって同一現場の適用条件の異なるエリアにおいても、路床、路盤から表層まで一環した自動制御による施工が可能なため、施工精度、品質の向上が見込まれる点である。

ND-IT施工システムの敷均し状況(日沿道朝日舗装)

ND-IT施工システムの特徴
項目 高性能GPSシステム(ND-GPS) トータルステーションシステム(ND-TS) 
基本仕様 GPSとゾーンレーザによる自動制御施工 TSの自動追尾による自動制御施工 
適用場所 比較的広いエリア 比較的狭いエリア 
適用条件 上空障害のある場所は使用できない トータルステーションとミラーの双方が見通せること 
複数の機械制御 4台までの建設機械を同時に制御可能 トータルステーションと受光機は1対1で制御、AFは左右で2台必要 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ND-IT施工システム
  (SK-110018-VE)
副題 舗装工におけるGPS・トータルステーションによる建設機械制御技術を利用した情報化施工システム
開発会社 日本道路株式会社
区分 工法
アブストラクト 高性能GPS、自動追尾トータルステーションを利用して、道路の路床、路盤から表層までの施工において建設機械制御を行うもので、従来は丁張を設置してオペレータ操作により施工していた。本技術により、施工精度、安全性、品質の向上と、準備工の省力化が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/18)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

高性能GPSまたは自動追尾トータルステーションを利用することにより、モータグレーダ、アスファルトフィニッシャを自動制御して、路盤整正や舗装敷均しを行い、施工効率や仕上がり精度を向上させる舗装工法である。また、締固め回数の管理により締固め密度の測定を省略することができる。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

現地測量を行い丁張を設置して、人力にて検測をしながら高さ管理を行い、オペレータ操作によってモータグレーダ、ならびにアスファルトフィニッシャで整正ならびに敷均し作業を行っていた。
・従来は人力による施工管理であったため、丁張設置に時間を要して効率が悪く、高い精度を期待できなかった。
・従来はオペレータによる機械操作と人力検測であったことから、品質がオペレータと検測作業員の能力に左右されていた。
・従来は人力検測であったことから、建設機械と検測作業員との接触事故の可能性が高かった。
・従来は締固め密度が得られるまでに時間を要した。

③公共工事のどこに適用できるのか?

アスファルト舗装工、路盤工に適用できる。特に面積が広い箇所、高度な平坦性を要求される箇所に適用できる。
たとえば、土工、道路舗装、空港、公園工事等が挙げられる。

④追記
【本技術の特徴】
高性能GPSシステムの場合
現場内のGPS基地局からの位置情報と、同じ現場内に設置したゾーンレーザからの高さ情報を、事前に設計データを入力されたコントロールボックスを搭載した建設機械のセンサが(X、Y、H)を受信して、油圧制御装置に送信、建設機械を自動制御しながら施工するものである。
トータルステーションシステムの場合
現場内に固定したトータルステーションが、あらかじめ設計データを入力されたコントロールボックスを搭載した建設機械のセンサを自動追尾して(X、Y、H)を連続的に測定し、油圧制御装置に情報を送信、建設機械を自動制御しながら施工するものである。GPSを利用しないため、トンネル内など上空障害のあるところにも対応できる。

ND-IT施工システムの特徴は、この2つを組み合わせることによって同一現場の適用条件の異なるエリアにおいても、路床、路盤から表層まで一環した自動制御による施工が可能なため、施工精度、品質の向上が見込まれる点である。

ND-IT施工システムの敷均し状況(日沿道朝日舗装)

ND-IT施工システムの特徴
項目 高性能GPSシステム(ND-GPS) トータルステーションシステム(ND-TS) 
基本仕様 GPSとゾーンレーザによる自動制御施工 TSの自動追尾による自動制御施工 
適用場所 比較的広いエリア 比較的狭いエリア 
適用条件 上空障害のある場所は使用できない トータルステーションとミラーの双方が見通せること 
複数の機械制御 4台までの建設機械を同時に制御可能 トータルステーションと受光機は1対1で制御、AFは左右で2台必要 

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/18)
ND-IT施工システム
  (SK-110018-VE)
副題 舗装工におけるGPS・トータルステーションによる建設機械制御技術を利用した情報化施工システム
開発会社 日本道路株式会社
区分 工法
アブストラクト 高性能GPS、自動追尾トータルステーションを利用して、道路の路床、路盤から表層までの施工において建設機械制御を行うもので、従来は丁張を設置してオペレータ操作により施工していた。本技術により、施工精度、安全性、品質の向上と、準備工の省力化が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/18)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。