×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

止水性を有するひび割れ誘発目地工法。
ひび割れ誘発目地とは、コンクリート構造物はセメントの水和熱や外気温による温度変化、乾燥収縮といった変形を生じる様々な要因を抱えており、変形が拘束されると多数のひび割れが生じる可能性がある。このひび割れがランダムに発生してしまい全面補修を強いられるケースも少なくない。又、その作業は容易ではない。そうした事態を避ける為に、ひび割れ誘発目地を計画的に配置し断面欠損を設けることで、ひび割れの発生場所をコントロールし、補修手間を省く。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

在来ひび割れ誘発目地工法:目地棒(取外後コーキング)+鉄板+止水板
躯体表面に、あらかじめ目地棒などを型枠に設置し、型枠脱型後に取り外しコーキングする。さらに欠損量を補うための、鉄板や塩化ビニルパイプ、プレキャストコンクリートを、結束線等で鉄筋に固定する。また、水密構造物にひび割れ誘発目地を設置する場合は、止水板を用いて漏水対策を施す。

③公共工事のどこに適用できるのか?

壁状コンクリート構造物全般に適用可能。

KB目地Jタイプ設置図

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

KB目地Jタイプ
  (HK-100037-VE)
副題 鉄筋固定式コンクリートひび割れ誘発目地材
開発会社 日本仮設株式会社
区分 材料
アブストラクト 鉄筋への取付が容易であり、精度の向上を図ったひび割れ誘発目地材。鉄筋に取り付けた目地本体と鉄板により、温度ひび割れを集中制御し、目地本体の止水機能が鉄筋の腐食を抑制する。配力筋に固定する本体と鉄板は、専用固定金具により容易に精度良く固定出来る。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

止水性を有するひび割れ誘発目地工法。
ひび割れ誘発目地とは、コンクリート構造物はセメントの水和熱や外気温による温度変化、乾燥収縮といった変形を生じる様々な要因を抱えており、変形が拘束されると多数のひび割れが生じる可能性がある。このひび割れがランダムに発生してしまい全面補修を強いられるケースも少なくない。又、その作業は容易ではない。そうした事態を避ける為に、ひび割れ誘発目地を計画的に配置し断面欠損を設けることで、ひび割れの発生場所をコントロールし、補修手間を省く。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

在来ひび割れ誘発目地工法:目地棒(取外後コーキング)+鉄板+止水板
躯体表面に、あらかじめ目地棒などを型枠に設置し、型枠脱型後に取り外しコーキングする。さらに欠損量を補うための、鉄板や塩化ビニルパイプ、プレキャストコンクリートを、結束線等で鉄筋に固定する。また、水密構造物にひび割れ誘発目地を設置する場合は、止水板を用いて漏水対策を施す。

③公共工事のどこに適用できるのか?

壁状コンクリート構造物全般に適用可能。

KB目地Jタイプ設置図

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
KB目地Jタイプ
  (HK-100037-VE)
副題 鉄筋固定式コンクリートひび割れ誘発目地材
開発会社 日本仮設株式会社
区分 材料
アブストラクト 鉄筋への取付が容易であり、精度の向上を図ったひび割れ誘発目地材。鉄筋に取り付けた目地本体と鉄板により、温度ひび割れを集中制御し、目地本体の止水機能が鉄筋の腐食を抑制する。配力筋に固定する本体と鉄板は、専用固定金具により容易に精度良く固定出来る。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。