×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

GTL(Gas to Liquid):天然ガス由来の軽油代替燃料
(AC-190013-A)  (KT-190065-A) 更新履歴
副題 公共工事等で使用される建機車輛の軽油代替のドロップイン燃料として使用する事により、排ガス・CO2の削減効果が図れる技術
開発会社 Shell MDS (Malaysia) Sendirian Berhad
区分 製品
アブストラクト 本技術は、建設機械用の環境配慮型燃料で従来は、軽油燃料で対応していた。本技術の活用によりセタン価が高く、硫黄分・芳香族分が殆ど含まれていないため、建設機械から排出されるCO2・NOX・PMが低減されることによる周辺環境の影響抑制が図れる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

 写真ギャラリーが未登録です。

動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

資料をダウンロード

 ダウンロードできる資料がありません。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・建設機械用の環境配慮型軽油代替燃料

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・軽油燃料

③公共工事のどこに適用できるのか?

・建設機械を用いた建設工事全般

④その他

・環境配慮型軽油代替燃料
従来石油由来の軽油は分子構造上、硫黄分・金属分・芳香族分などの毒性を含んでいる。この技術は天燃ガスから気体分子を分解し、それを精密に制御された方法で均一な分子に合成したもの。その際に硫黄分・金属分・芳香族分などを排除することによりCO2、NOX、PMの毒性の軽減を可能としたパラフィン系燃料。

・高温・低温環境下において
従来石油由来の軽油に対し引火点が高く・流動点が低くなるため、高温・低温環境下での取り扱いが容易となり、燃料の保全作業が簡素化できる。

軽油・GTL分子構造比較

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

GTL(Gas to Liquid):天然ガス由来の軽油代替燃料
(AC-190013-A)  (KT-190065-A)
副題 公共工事等で使用される建機車輛の軽油代替のドロップイン燃料として使用する事により、排ガス・CO2の削減効果が図れる技術
開発会社 Shell MDS (Malaysia) Sendirian Berhad
区分 製品
アブストラクト 本技術は、建設機械用の環境配慮型燃料で従来は、軽油燃料で対応していた。本技術の活用によりセタン価が高く、硫黄分・芳香族分が殆ど含まれていないため、建設機械から排出されるCO2・NOX・PMが低減されることによる周辺環境の影響抑制が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/06)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?
・建設機械用の環境配慮型軽油代替燃料

②従来はどのような技術で対応していたのか?
・軽油燃料

③公共工事のどこに適用できるのか?
・建設機械を用いた建設工事全般

④その他
・環境配慮型軽油代替燃料
従来石油由来の軽油は分子構造上、硫黄分・金属分・芳香族分などの毒性を含んでいる。この技術は天燃ガスから気体分子を分解し、それを精密に制御された方法で均一な分子に合成したもの。その際に硫黄分・金属分・芳香族分などを排除することによりCO2、NOX、PMの毒性の軽減を可能としたパラフィン系燃料。

・高温・低温環境下において
従来石油由来の軽油に対し引火点が高く・流動点が低くなるため、高温・低温環境下での取り扱いが容易となり、燃料の保全作業が簡素化できる。

軽油・GTL分子構造比較

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/06)
GTL(Gas to Liquid):天然ガス由来の軽油代替燃料
(AC-190013-A)  (KT-190065-A)
副題 公共工事等で使用される建機車輛の軽油代替のドロップイン燃料として使用する事により、排ガス・CO2の削減効果が図れる技術
開発会社 Shell MDS (Malaysia) Sendirian Berhad
区分 製品
アブストラクト 本技術は、建設機械用の環境配慮型燃料で従来は、軽油燃料で対応していた。本技術の活用によりセタン価が高く、硫黄分・芳香族分が殆ど含まれていないため、建設機械から排出されるCO2・NOX・PMが低減されることによる周辺環境の影響抑制が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/06)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。