×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

高性能無人ヘリロボットによる航空レーザ計測システム 『SPIDER-LX8』
(AC-170001-A)  (KT-160135-A) 更新履歴
副題 三次元レーザスキャナを小型無人ヘリロボットに搭載し、低高度から高精度な樹木下の地盤面データを取得するシステム
開発会社 ルーチェサーチ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、高性能無人ヘリロボットを用いた航空レーザ計測システムで、従来は、有人航空機によるレーザ計測で対応していた。本技術の活用により、低高度から計測が可能となり取得できる点群データ密度が高密度であるため、品質の向上が図れる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・高性能無人ヘリロボットを用いた航空レーザ計測システム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・有人航空機によるレーザ計測

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工事の起工測量
・砂防工事の起工測量
・河川維持における地形測量
・道路工事の起工測量
・災害対策工事における地形調査

④その他

・本技術は、GPS制御された高性能無人ヘリロボットに、航空レーザを搭載し、土砂災害並びに火山災害現場や土木工事現場を対象に空中LP測量を行い、災害の全容、詳細な変状、斜面や工事現場等の経時的変化を把握する。
・本技術の特徴は、人が立ち入ることのできない災害現場や急傾斜地において、天候に左右されない高い機動性で、必要箇所のデータを迅速に計測し、樹木下の地盤面の三次元データを作成することができる。
・なお、当社の高性能無人ヘリロボットは、国土交通省及び経済産業省「次世代社会インフラ用ロボット開発・導入検討会」より、2年連続で『活用を推薦する技術』として高い評価を得ている (平成26年度 フェーズ2・フェーズ3、平成27年度 フェーズ4)。
*国土交通省による土砂崩落災害調査技術評価項目(基本ニーズ)
・フェーズ2: 発災後の人が近づけない状況において、迅速に崩落箇所の危険度を把握したい
・フェーズ3: 復旧計画の設計及び復旧作業計画の策定をするための詳細なデータを取得したい
・フェーズ4: 対策工の施工において、安全確保のための周辺状況の把握・監視(法面・水位等)を効率的に行いたい

航空レーザ計測前のセットアップ

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

高性能無人ヘリロボットによる航空レーザ計測システム 『SPIDER-LX8』
(AC-170001-A)  (KT-160135-A)
副題 三次元レーザスキャナを小型無人ヘリロボットに搭載し、低高度から高精度な樹木下の地盤面データを取得するシステム
開発会社 ルーチェサーチ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、高性能無人ヘリロボットを用いた航空レーザ計測システムで、従来は、有人航空機によるレーザ計測で対応していた。本技術の活用により、低高度から計測が可能となり取得できる点群データ密度が高密度であるため、品質の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・高性能無人ヘリロボットを用いた航空レーザ計測システム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・有人航空機によるレーザ計測

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工事の起工測量
・砂防工事の起工測量
・河川維持における地形測量
・道路工事の起工測量
・災害対策工事における地形調査

④その他

・本技術は、GPS制御された高性能無人ヘリロボットに、航空レーザを搭載し、土砂災害並びに火山災害現場や土木工事現場を対象に空中LP測量を行い、災害の全容、詳細な変状、斜面や工事現場等の経時的変化を把握する。
・本技術の特徴は、人が立ち入ることのできない災害現場や急傾斜地において、天候に左右されない高い機動性で、必要箇所のデータを迅速に計測し、樹木下の地盤面の三次元データを作成することができる。
・なお、当社の高性能無人ヘリロボットは、国土交通省及び経済産業省「次世代社会インフラ用ロボット開発・導入検討会」より、2年連続で『活用を推薦する技術』として高い評価を得ている (平成26年度 フェーズ2・フェーズ3、平成27年度 フェーズ4)。
*国土交通省による土砂崩落災害調査技術評価項目(基本ニーズ)
・フェーズ2: 発災後の人が近づけない状況において、迅速に崩落箇所の危険度を把握したい
・フェーズ3: 復旧計画の設計及び復旧作業計画の策定をするための詳細なデータを取得したい
・フェーズ4: 対策工の施工において、安全確保のための周辺状況の把握・監視(法面・水位等)を効率的に行いたい

航空レーザ計測前のセットアップ

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
高性能無人ヘリロボットによる航空レーザ計測システム 『SPIDER-LX8』
(AC-170001-A)  (KT-160135-A)
副題 三次元レーザスキャナを小型無人ヘリロボットに搭載し、低高度から高精度な樹木下の地盤面データを取得するシステム
開発会社 ルーチェサーチ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、高性能無人ヘリロボットを用いた航空レーザ計測システムで、従来は、有人航空機によるレーザ計測で対応していた。本技術の活用により、低高度から計測が可能となり取得できる点群データ密度が高密度であるため、品質の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。