×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

無機質系材料をひび割れ内部に確実に注入するために開発されたひび割れ注入工法。
水流式ドリルを用いて、躯体表面からひび割れを貫通する斜め削孔により、ひび割れの内部に繋がる清浄な注入口を設けて、逆止弁を備えた樹脂製の挿入型注入プラグを設置し、コーキングガンまたは手動式ポンプなどにより、0~5Mpa程度の低中圧で連続して無機質系材料を注入する工法である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来のひび割れ注入工法では、ひび割れ表面に接着して用いるタンク式の自動低圧注入プラグやグリスニップル式の金属製高圧注入プラグにより、エポキシ系樹脂やアクリル系樹脂を主体に対応していた。また、無機系の注入材についても同様の器具を使用して施工されており、無機質系(特にセメント系)の注入材では、注入時における材料の分離等が生じやすく充填不良となる課題があった。

③公共工事のどこに適用できるのか?

コンクリート構造物全般(道路・トンネル・ダム・水利施設・河川構造物等)に発生したひび割れ補修に適用できる。

注入工法概念図

カートリッジ式材料の種類 2016年時点
品番・名称 製品内容 内容量 備考 
シールセメント M10 ひび割れシール材/充填材 10分硬化型 250g 冬期用 
シールセメント M30 ひび割れシール材/充填材 30分硬化型 250g  
MHS注入材 超微粒子セメント注入材 標準型 200g  
MHS・Z注入材 超微粒子セメント注入材 速硬型 200g 冬期用 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

コンクリート構造物のひび割れ注入工法(ベヴェルプラグ工法)
  (TH-160015-A)
副題 ひび割れ内部から無機質系注入材を直接加圧注入するひび割れ補修工法
開発会社 株式会社日本メンテ 日本ポリメント工業株式会社
区分 工法
アブストラクト ベヴェルプラグ工法は、水流式ドリル削孔により清浄な注入口を設け逆流防止弁を備えたワンタッチ挿入式注入プラグにより、ひび割れの内部から確実に必要な量を連続注入するひび割れ注入工法で、樹脂注入工法を応用した従来工法に比べて工程短縮、品質向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/18)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

無機質系材料をひび割れ内部に確実に注入するために開発されたひび割れ注入工法。
水流式ドリルを用いて、躯体表面からひび割れを貫通する斜め削孔により、ひび割れの内部に繋がる清浄な注入口を設けて、逆止弁を備えた樹脂製の挿入型注入プラグを設置し、コーキングガンまたは手動式ポンプなどにより、0~5Mpa程度の低中圧で連続して無機質系材料を注入する工法である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来のひび割れ注入工法では、ひび割れ表面に接着して用いるタンク式の自動低圧注入プラグやグリスニップル式の金属製高圧注入プラグにより、エポキシ系樹脂やアクリル系樹脂を主体に対応していた。また、無機系の注入材についても同様の器具を使用して施工されており、無機質系(特にセメント系)の注入材では、注入時における材料の分離等が生じやすく充填不良となる課題があった。

③公共工事のどこに適用できるのか?

コンクリート構造物全般(道路・トンネル・ダム・水利施設・河川構造物等)に発生したひび割れ補修に適用できる。

注入工法概念図

カートリッジ式材料の種類 2016年時点
品番・名称 製品内容 内容量 備考 
シールセメント M10 ひび割れシール材/充填材 10分硬化型 250g 冬期用 
シールセメント M30 ひび割れシール材/充填材 30分硬化型 250g  
MHS注入材 超微粒子セメント注入材 標準型 200g  
MHS・Z注入材 超微粒子セメント注入材 速硬型 200g 冬期用 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/18)
コンクリート構造物のひび割れ注入工法(ベヴェルプラグ工法)
  (TH-160015-A)
副題 ひび割れ内部から無機質系注入材を直接加圧注入するひび割れ補修工法
開発会社 株式会社日本メンテ 日本ポリメント工業株式会社
区分 工法
アブストラクト ベヴェルプラグ工法は、水流式ドリル削孔により清浄な注入口を設け逆流防止弁を備えたワンタッチ挿入式注入プラグにより、ひび割れの内部から確実に必要な量を連続注入するひび割れ注入工法で、樹脂注入工法を応用した従来工法に比べて工程短縮、品質向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/18)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。