×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

UAVによる空中写真撮影やレーザースキャナー、マルチビーム等の3次元計測で取得される複数の点群データを用いた3次元土量計算により、時系列での土量変化を把握できる技術
・施工段階ごとの3次元点群データの差分を解析し、土量変化を把握
・土量計算は3次元で算出するため、正確な土量が把握
・従来技術に比べて、現地計測と計算時間が短縮され、迅速な作業が可能
・3次元点群データをであるため、微細な地形状況も把握でき、精度が高い計算が可能
・TREND-POINTは膨大な数の3次元点群のスムーズな処理が可能
・再計算が必要になっても、追加横断測量などの現地作業が発生しない
・段階ごとの工事進捗把握を行い、重機やトラックの綿密な管理が可能

②従来はどのような技術で対応していたのか?

縦横断測量で得られた断面図による平均断面法
・現地測量および計算において測点ごとの繰り返し作業
・計算結果はエクセル等で整理

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工や浚渫工など地形変化を伴う工事の進捗管理
・土工や浚渫工など地形変化を伴う工事の土量計算
・土工や浚渫工など地形変化を伴う工事の運搬計画や施工計画等の管理

④その他

・UAV:産業用無人航空機のことであり、人が搭乗しない航空機。ドローンとも呼ばれる
・レーザースキャナ:レーザーを連続的に照射し、対象物との相対位置を面的に取得できる装置
・マルチビーム:深浅測量で海底など水中の3次元形状を取得するシステム
・3次元土量計算:点高法やプリズモイダル法などi-ConstructionのICT活用工事で利用

3次元土量計算(点高法とプリズモイダル法)

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

3次元点群処理ソフト(TREND-POINT)を用いた施工土量計測システム
  (KK-150058-VE)
副題 3次元計測により生成された点群データのスムーズな解析処理により、施工前後および各施工段階での土量の差分を計算するシステム
開発会社 福井コンピュータ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、UAVの空中写真撮影やレーザスキャナ等で得た点群データを用いた3次元土量計算により、時系列土量変化を把握できる技術で、従来は、測量した断面図による平均断面法で対応していた。本技術の活用により、測量、計算時間が短縮され工期短縮と労務費の削減ができる
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

UAVによる空中写真撮影やレーザースキャナー、マルチビーム等の3次元計測で取得される複数の点群データを用いた3次元土量計算により、時系列での土量変化を把握できる技術
・施工段階ごとの3次元点群データの差分を解析し、土量変化を把握
・土量計算は3次元で算出するため、正確な土量が把握
・従来技術に比べて、現地計測と計算時間が短縮され、迅速な作業が可能
・3次元点群データをであるため、微細な地形状況も把握でき、精度が高い計算が可能
・TREND-POINTは膨大な数の3次元点群のスムーズな処理が可能
・再計算が必要になっても、追加横断測量などの現地作業が発生しない
・段階ごとの工事進捗把握を行い、重機やトラックの綿密な管理が可能

②従来はどのような技術で対応していたのか?

縦横断測量で得られた断面図による平均断面法
・現地測量および計算において測点ごとの繰り返し作業
・計算結果はエクセル等で整理

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工や浚渫工など地形変化を伴う工事の進捗管理
・土工や浚渫工など地形変化を伴う工事の土量計算
・土工や浚渫工など地形変化を伴う工事の運搬計画や施工計画等の管理

④その他

・UAV:産業用無人航空機のことであり、人が搭乗しない航空機。ドローンとも呼ばれる
・レーザースキャナ:レーザーを連続的に照射し、対象物との相対位置を面的に取得できる装置
・マルチビーム:深浅測量で海底など水中の3次元形状を取得するシステム
・3次元土量計算:点高法やプリズモイダル法などi-ConstructionのICT活用工事で利用

3次元土量計算(点高法とプリズモイダル法)

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
3次元点群処理ソフト(TREND-POINT)を用いた施工土量計測システム
  (KK-150058-VE)
副題 3次元計測により生成された点群データのスムーズな解析処理により、施工前後および各施工段階での土量の差分を計算するシステム
開発会社 福井コンピュータ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、UAVの空中写真撮影やレーザスキャナ等で得た点群データを用いた3次元土量計算により、時系列土量変化を把握できる技術で、従来は、測量した断面図による平均断面法で対応していた。本技術の活用により、測量、計算時間が短縮され工期短縮と労務費の削減ができる
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。