×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・アンカーボルト1本で設置するケーブラー支持架台

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・アンカーボルト2本で設置するダクターチャンネル

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路トンネル内照明設備工事
・電気通信設備工事
・電線共同溝工事

④補足
◇特長
・アンカーボルト1本で固定できます。
・アンカーボルト締結後、ケーブラー支持架台本体がトンネル壁面のR形状に沿って湾曲します。
その為、壁面との間に隙間が生じず外観を損ないません。
・ケーブル取付位置の丸(○)目印があるため、墨出しの必要がありません。
・ケーブラーの爪部の引っ掛かりを良くするために、溝にローレットが入っています。
・材料にステンレス鋼、高耐食めっき鋼板(スーパーダイマ)を使用しています。
施工する状況に合せお選び頂けます。
◇用語説明
・ケーブラーとは、ケーブルを支持する金具です。
・ダクターチャンネルとは、電線管、丸形ケーブル、ケーブルラック、ダクトなどの支持に用いるハンガーです。
・ローレットとは、細かい凹凸の加工形状を表し、ケーブラーの滑り止め効果があります。

⑤改良品の発売(ラインナップ追加)
☆2016年12月発売
ケーブルの仮置きができ、施工性、安全性を向上させた製品をラインナップ追加します。
・ケーブル支持架台 S-CTK□SN
・ケーブル支持金具 S-K□-1AN
☆2019年8月発売
ナットのゆるみ防止機能を向上させた製品をラインナップ追加します。
・ケーブル支持架台 S-CTK□SN2
◇特長
・ケーブル支持架台 S-CTK□SN
裏側にリブがあり、ケーブル支持金具が外れにくい構造となっています。
アンカーボルト締め付け後、トンネル湾曲面に沿います。
ケーブル取付位置の墨出しが不要です。
・ケーブル支持金具 S-K□-1AN
六角ナットを追加しボルトの緩みを考慮。更にボルト先端部の潰し加工により、施工後のボルト単体の脱落を防止します。
水平敷設の場合、ケーブルの仮置きができます。
・ケーブル支持架台 S-CTK□SN2
アンカーボルトに組合わせる六角ナット、平座金仕様を「六角ゆるみ止めナット・皿ばね座金」 とし、ゆるみ止め機能を向上させました。

図1 製品概要図

製品仕様表
名 称 品 番 ケーブル取付本数 又は 適合ケーブル外径φD(mm) 材 質 
ケーブラー支持架台 □-CTK1S10 1本 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー支持架台 □-CTK2S15 2本以下 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー支持架台 □-CTK4S25 4本以下 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー支持架台 □-CTK6S35 6本以下 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K15-1A 10 ~ 15 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K20-1A 15 ~ 20 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K25-1A 20 ~ 25 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K30-1A 25 ~ 30 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K35-1A 30 ~ 35 SUS 又は スーパーダイマ 
      
(改良品ラインナップ追加)      
ケーブル支持架台 S-CTK□SN 1本、2本以下、4本以下、6本以下の4タイプ SUS 
〃 S-CTK□SN2 1本、2本以下、4本以下、6本以下の4タイプ SUS 
ケーブル支持金具 S-K□-1AN 10 ~ 45 (5mm刻み)の7タイプ SUS 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ケーブラー支持架台
  (KT-140006-VE)
副題 道路トンネル用ケーブル支持金具
開発会社 ネグロス電工株式会社
区分 製品
アブストラクト 本技術は、アンカーボルト1本で設置するケーブラー支持架台で、従来は、アンカーボルト2本で設置するダクターチャンネルで対応していた。本技術の活用により、アンカーボルト1本で壁面に固定することができるため、設置作業の軽減による経済性の向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・アンカーボルト1本で設置するケーブラー支持架台

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・アンカーボルト2本で設置するダクターチャンネル

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路トンネル内照明設備工事
・電気通信設備工事
・電線共同溝工事

④補足
◇特長
・アンカーボルト1本で固定できます。
・アンカーボルト締結後、ケーブラー支持架台本体がトンネル壁面のR形状に沿って湾曲します。
その為、壁面との間に隙間が生じず外観を損ないません。
・ケーブル取付位置の丸(○)目印があるため、墨出しの必要がありません。
・ケーブラーの爪部の引っ掛かりを良くするために、溝にローレットが入っています。
・材料にステンレス鋼、高耐食めっき鋼板(スーパーダイマ)を使用しています。
施工する状況に合せお選び頂けます。
◇用語説明
・ケーブラーとは、ケーブルを支持する金具です。
・ダクターチャンネルとは、電線管、丸形ケーブル、ケーブルラック、ダクトなどの支持に用いるハンガーです。
・ローレットとは、細かい凹凸の加工形状を表し、ケーブラーの滑り止め効果があります。

⑤改良品の発売(ラインナップ追加)
☆2016年12月発売
ケーブルの仮置きができ、施工性、安全性を向上させた製品をラインナップ追加します。
・ケーブル支持架台 S-CTK□SN
・ケーブル支持金具 S-K□-1AN
☆2019年8月発売
ナットのゆるみ防止機能を向上させた製品をラインナップ追加します。
・ケーブル支持架台 S-CTK□SN2
◇特長
・ケーブル支持架台 S-CTK□SN
裏側にリブがあり、ケーブル支持金具が外れにくい構造となっています。
アンカーボルト締め付け後、トンネル湾曲面に沿います。
ケーブル取付位置の墨出しが不要です。
・ケーブル支持金具 S-K□-1AN
六角ナットを追加しボルトの緩みを考慮。更にボルト先端部の潰し加工により、施工後のボルト単体の脱落を防止します。
水平敷設の場合、ケーブルの仮置きができます。
・ケーブル支持架台 S-CTK□SN2
アンカーボルトに組合わせる六角ナット、平座金仕様を「六角ゆるみ止めナット・皿ばね座金」 とし、ゆるみ止め機能を向上させました。

図1 製品概要図

製品仕様表
名 称 品 番 ケーブル取付本数 又は 適合ケーブル外径φD(mm) 材 質 
ケーブラー支持架台 □-CTK1S10 1本 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー支持架台 □-CTK2S15 2本以下 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー支持架台 □-CTK4S25 4本以下 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー支持架台 □-CTK6S35 6本以下 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K15-1A 10 ~ 15 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K20-1A 15 ~ 20 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K25-1A 20 ~ 25 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K30-1A 25 ~ 30 SUS 又は スーパーダイマ 
ケーブラー □-K35-1A 30 ~ 35 SUS 又は スーパーダイマ 
      
(改良品ラインナップ追加)      
ケーブル支持架台 S-CTK□SN 1本、2本以下、4本以下、6本以下の4タイプ SUS 
〃 S-CTK□SN2 1本、2本以下、4本以下、6本以下の4タイプ SUS 
ケーブル支持金具 S-K□-1AN 10 ~ 45 (5mm刻み)の7タイプ SUS 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
ケーブラー支持架台
  (KT-140006-VE)
副題 道路トンネル用ケーブル支持金具
開発会社 ネグロス電工株式会社
区分 製品
アブストラクト 本技術は、アンカーボルト1本で設置するケーブラー支持架台で、従来は、アンカーボルト2本で設置するダクターチャンネルで対応していた。本技術の活用により、アンカーボルト1本で壁面に固定することができるため、設置作業の軽減による経済性の向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会
4101161410
4101161412
4101161414
4101161416
4101161418

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。