×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・自動視準TS等を制御するプログラムを利用し構造物の3次元変位を短時間に計測するシステム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・手動式TSにより構造物を測量し変位を算出する技術

③公共工事のどこに適用できるのか?

・構造物及び法面等の変位計測

④その他

・本システムは、主に「3次元計測プログラム」を使用します。
・本システムは、現場の挙動を高精度自動視準TSまたはGNSSにより24時間自動で監視します。
・本プログラムは、基準点(3次元座標)をもとに各測点(3次元座標)の変位を計測するものです。
・各測点は、最初初期値をとり、一定の時間における変位を連続して計測します。
・計測データは、事務所のパソコンで確認することができます。
・また、計測データには管理値を設け、超過した場合事務所のパソコンにて警報を出し計測値を確認できます。
・計測結果は、事務所のパソコンでリアルタイムに確認できるが、携帯電話のメールでは各測点を1通り計測してから異常値の連絡がされます。
・本システムの活用例として、「ダム堤体観測」「法面の動態観測」「軌道検測ならびに周辺の監視」「山留め鋼矢板の変位計測」「高架橋/鉄橋の変位計測」等があります。
・本システムにおいて自動視準TSを使用する場合、「ノンプリズム」により路面や地盤等の沈下・隆起の計測をすることも可能です(ノンプリズムによる計測は、プリズムを使用せず測点の変位計測を行うことをいう)。
・この情報において用いる語句「短時間」とは、10分(時間)のことで、これは基本的に測点10点、基準点2点の場合であり、条件により若干前後します。
・本技術のオプション機能として、モバイル端末を使用した「簡易型3次元変位計測システム(モバイルダムシス)」があり、今までのダムシスの機能と同様なことができ、自動視準TSを制御し、3次元変位を自動計測することが可能です(GNSSは対応していません)。
このモバイルダムシスは、インターバル設定(連続/任意時間)により、長時間の計測でなく最大24時間の計測が可能になります。また、継続して計測する場合は24時間後再度設定することになります。

システムブロック図

システム機器構成表
種別 システム機器 自社・他社開発の区別 
プログラム 3次元計測プログラム 自社 
 転送・警報発令プログラム 自社 
自動視準TS 自動視準トータルステーション 他社 
 測量機据付架台 他社 
 測点反射プリズム 他社 
 不動点用反射プリズム 他社 
 無線LANデータ伝送装置 他社 
計測制御ユニット リレーユニット 他社 
 ケーブル 他社 
 AC電源 他社 
現場事務所 データ表示・出力用パソコン 他社 
 無線LANデータ伝送装置 他社 
 無停電電源装置 他社 
 警報発令装置(パトライト含む) 他社 
 気象補正装置 他社 
 計測用コントローラ及びルーター 他社 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

3次元変位計測システム(ダムシス)
  (KT-130095-VE)
副題 自動視準TSやGNSSを制御するプログラムを利用して既設構造物等の3次元変位を短時間に計測し、地盤や構造物の変位を感知する技術
開発会社 計測ネットサービス株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、自動視準TS等を制御するプログラムを利用し構造物の3次元変位を短時間に計測するシステムで、従来は手動式TSにより構造物を測量し変位を算出する技術で対応していた。本技術の活用により、短時間に構造物の変状が把握できるので、安全性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・自動視準TS等を制御するプログラムを利用し構造物の3次元変位を短時間に計測するシステム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・手動式TSにより構造物を測量し変位を算出する技術

③公共工事のどこに適用できるのか?

・構造物及び法面等の変位計測

④その他

・本システムは、主に「3次元計測プログラム」を使用します。
・本システムは、現場の挙動を高精度自動視準TSまたはGNSSにより24時間自動で監視します。
・本プログラムは、基準点(3次元座標)をもとに各測点(3次元座標)の変位を計測するものです。
・各測点は、最初初期値をとり、一定の時間における変位を連続して計測します。
・計測データは、事務所のパソコンで確認することができます。
・また、計測データには管理値を設け、超過した場合事務所のパソコンにて警報を出し計測値を確認できます。
・計測結果は、事務所のパソコンでリアルタイムに確認できるが、携帯電話のメールでは各測点を1通り計測してから異常値の連絡がされます。
・本システムの活用例として、「ダム堤体観測」「法面の動態観測」「軌道検測ならびに周辺の監視」「山留め鋼矢板の変位計測」「高架橋/鉄橋の変位計測」等があります。
・本システムにおいて自動視準TSを使用する場合、「ノンプリズム」により路面や地盤等の沈下・隆起の計測をすることも可能です(ノンプリズムによる計測は、プリズムを使用せず測点の変位計測を行うことをいう)。
・この情報において用いる語句「短時間」とは、10分(時間)のことで、これは基本的に測点10点、基準点2点の場合であり、条件により若干前後します。
・本技術のオプション機能として、モバイル端末を使用した「簡易型3次元変位計測システム(モバイルダムシス)」があり、今までのダムシスの機能と同様なことができ、自動視準TSを制御し、3次元変位を自動計測することが可能です(GNSSは対応していません)。
このモバイルダムシスは、インターバル設定(連続/任意時間)により、長時間の計測でなく最大24時間の計測が可能になります。また、継続して計測する場合は24時間後再度設定することになります。

システムブロック図

システム機器構成表
種別 システム機器 自社・他社開発の区別 
プログラム 3次元計測プログラム 自社 
 転送・警報発令プログラム 自社 
自動視準TS 自動視準トータルステーション 他社 
 測量機据付架台 他社 
 測点反射プリズム 他社 
 不動点用反射プリズム 他社 
 無線LANデータ伝送装置 他社 
計測制御ユニット リレーユニット 他社 
 ケーブル 他社 
 AC電源 他社 
現場事務所 データ表示・出力用パソコン 他社 
 無線LANデータ伝送装置 他社 
 無停電電源装置 他社 
 警報発令装置(パトライト含む) 他社 
 気象補正装置 他社 
 計測用コントローラ及びルーター 他社 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
3次元変位計測システム(ダムシス)
  (KT-130095-VE)
副題 自動視準TSやGNSSを制御するプログラムを利用して既設構造物等の3次元変位を短時間に計測し、地盤や構造物の変位を感知する技術
開発会社 計測ネットサービス株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、自動視準TS等を制御するプログラムを利用し構造物の3次元変位を短時間に計測するシステムで、従来は手動式TSにより構造物を測量し変位を算出する技術で対応していた。本技術の活用により、短時間に構造物の変状が把握できるので、安全性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。