×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・本技術は、道路トンネル定期点検おいて、車両で走行しながらトンネルの覆工面カラー画像と高精度な3次元空間位置データのシステムにより変状箇所を抽出し、抽出箇所を高所作業車で打音検査により点検者が耳で聞き分け変状部(剥離等)をマーキングし応急措置として、うき・はく離をハンマーでたたき落とすものである。
・定期点検である近接目視点検を大幅に改善できる計測システムである。
・計測は時速40~80km程度の走行で実施できるため、道路利用者への負担が大きいトンネルの通行止めや交通規制の必要がなく、かつ安全に計測が可能となる。
・また本技術は、覆工壁面撮影システム(MIS)で取得したカラー画像からは、ひび割れ、漏水、表層劣化などの変状が認識でき、形状を計測するモービルマッピングシステム(MMS)で取得した3Dデータからは断面形状、変形モード、段差、うきなどを求めることができる。
・本技術の判定内容では、3Dデータであるため、変状の客観的把握、打音検査必要箇所の抽出し、点検結果を適切に判定できるとともに、正確、客観的な変状展開図として記録できる。さらに二回目以降の点検結果と比較することで、進行性判定、変状原因の推定など、トンネル健全度診断、詳細調査や対策要否の検討を行うことができる。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来技術の道路トンネル定期点検では、全面を近接目視点検として点検者が高所作業車に乗り確認用照明で変状箇所を抽出し、抽出箇所を高所作業車で打音検査により点検者が耳で聞き分け変状部(剥離等)をマーキングし応急措置として、うき・はく離をハンマーでたたき落とすものである。
・そのため近接目視、打音検査時等の作業安全のためには、通行止めや交通規制が伴うことになる。
・また、作業が人力によるため時間がかかり交通規制等の時間が長くなる。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・車両通行が可能な道路トンネル定期点検等に適用

④その他

覆工壁面撮影システム(MIS:MobleImagingTechnologySystem)は、走行しながら連続画像撮影を行うことで覆工全延長のデジタル展開画像の取得が可能である。
モービルマッピングシステム(MMS:MobleMappingSystem)は、走行しながらレーザ点群計測が可能であり、覆工全延長の三次元座標の取得が可能である。
MIMM:MIS&MMS

MIMM外観、走行状況、レーザ点群

MIMM諸元・仕様
区分 機器名 台数 
MIS部 LED照明 60台(70W) 最大搭載時 
 カメラ 20台(38万画素) 最大搭載時 
MMS部 GPS 3台(2周波1台+1周波2台) 
 IMU 1台(3軸FOG,3軸加速度計) 
 オドメトリ 1台(右後輪) 
 レーザスキャナー 3台(13575点/秒x2台 100万点/秒x1台) 
 カメラ 2台(500万画素) 
車両 専用車 専用車(3トン 4WD 計測機器を車載) 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

走行型高速3Dトンネル点検システム MIMM(ミーム)
  (KK-130026-VR)
副題 点検時の交通規制が不要で、高速走行しながらトンネル覆工壁面カラー画像と高精度な三次元空間位置データを効率よく取得するシステム
開発会社 計測検査株式会社、パシフィックコンサルタンツ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は道路トンネル定期点検を車両の高速走行で覆工面カラー画像と3次元空間位置データを計測するシステムで、従来は近接目視点検で対応していた。本技術の活用により、経済性・安全性・点検精度の向上、効率化、正確・客観的な変状展開図作成が可能となる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・本技術は、道路トンネル定期点検おいて、車両で走行しながらトンネルの覆工面カラー画像と高精度な3次元空間位置データのシステムにより変状箇所を抽出し、抽出箇所を高所作業車で打音検査により点検者が耳で聞き分け変状部(剥離等)をマーキングし応急措置として、うき・はく離をハンマーでたたき落とすものである。
・定期点検である近接目視点検を大幅に改善できる計測システムである。
・計測は時速40~80km程度の走行で実施できるため、道路利用者への負担が大きいトンネルの通行止めや交通規制の必要がなく、かつ安全に計測が可能となる。
・また本技術は、覆工壁面撮影システム(MIS)で取得したカラー画像からは、ひび割れ、漏水、表層劣化などの変状が認識でき、形状を計測するモービルマッピングシステム(MMS)で取得した3Dデータからは断面形状、変形モード、段差、うきなどを求めることができる。
・本技術の判定内容では、3Dデータであるため、変状の客観的把握、打音検査必要箇所の抽出し、点検結果を適切に判定できるとともに、正確、客観的な変状展開図として記録できる。さらに二回目以降の点検結果と比較することで、進行性判定、変状原因の推定など、トンネル健全度診断、詳細調査や対策要否の検討を行うことができる。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来技術の道路トンネル定期点検では、全面を近接目視点検として点検者が高所作業車に乗り確認用照明で変状箇所を抽出し、抽出箇所を高所作業車で打音検査により点検者が耳で聞き分け変状部(剥離等)をマーキングし応急措置として、うき・はく離をハンマーでたたき落とすものである。
・そのため近接目視、打音検査時等の作業安全のためには、通行止めや交通規制が伴うことになる。
・また、作業が人力によるため時間がかかり交通規制等の時間が長くなる。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・車両通行が可能な道路トンネル定期点検等に適用

④その他

覆工壁面撮影システム(MIS:MobleImagingTechnologySystem)は、走行しながら連続画像撮影を行うことで覆工全延長のデジタル展開画像の取得が可能である。
モービルマッピングシステム(MMS:MobleMappingSystem)は、走行しながらレーザ点群計測が可能であり、覆工全延長の三次元座標の取得が可能である。
MIMM:MIS&MMS

MIMM外観、走行状況、レーザ点群

MIMM諸元・仕様
区分 機器名 台数 
MIS部 LED照明 60台(70W) 最大搭載時 
 カメラ 20台(38万画素) 最大搭載時 
MMS部 GPS 3台(2周波1台+1周波2台) 
 IMU 1台(3軸FOG,3軸加速度計) 
 オドメトリ 1台(右後輪) 
 レーザスキャナー 3台(13575点/秒x2台 100万点/秒x1台) 
 カメラ 2台(500万画素) 
車両 専用車 専用車(3トン 4WD 計測機器を車載) 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
走行型高速3Dトンネル点検システム MIMM(ミーム)
  (KK-130026-VR)
副題 点検時の交通規制が不要で、高速走行しながらトンネル覆工壁面カラー画像と高精度な三次元空間位置データを効率よく取得するシステム
開発会社 計測検査株式会社、パシフィックコンサルタンツ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は道路トンネル定期点検を車両の高速走行で覆工面カラー画像と3次元空間位置データを計測するシステムで、従来は近接目視点検で対応していた。本技術の活用により、経済性・安全性・点検精度の向上、効率化、正確・客観的な変状展開図作成が可能となる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。