×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・2台のGPS受信機や自動追尾機能を搭載したトータルステーションと音響測深機を用いた深浅測量システム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・トータルステーションと音響測深機を用いた深浅測量

③公共工事のどこに適用できるのか?

・水底調査測量全般

④その他

・(2台のGPS受信機を用いる場合)
・音響測深機と第1のGPS(移動側受信機)をボートに搭載し、第2のGPS(基準受信機)を堤防等の陸地に設置する。水面から水底までの深さを音響測深機によって測定し、また水深を測定した際のボートの位置及び水面の高さを第1のGPSによって測定すると共に、第2のGPSによって基準点の位置及び高さを測定する。
・そして、第1のGPS及び第2のGPSで受信した電波の位相差から水面の高さ等の値を補正する。
・(自動追尾機能を搭載したトータルステーションを用いる場合)
・音響測深機をボートに搭載し、自動追尾機能を搭載したトータルステーションを堤防等の陸地に設置する。水面から水底までの深さを音響測深機によって測定し、また水深を測定した際のボートの位置及び水面の高さを自動追尾機能を搭載したトータルステーションによって測定する。

快速深浅測量の概略図

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

快速深浅測量システム
  (KT-130026-VE)
副題 GPS電波を受信できる場所はもちろんのこと、GPS電波を受信できない場所でも水底の形状を高精度に測量する深浅測量
開発会社 株式会社CSS技術開発
区分 システム
アブストラクト 本技術は、2台のGPS受信機等と音響測深機を用いた深浅測量システムで、従来は、トータルステーションと音響測深機を用いた深浅測量で対応していた。本技術の活用により、測点毎のトータルステーションの操作が不要となり、工期短縮が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/15)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・2台のGPS受信機や自動追尾機能を搭載したトータルステーションと音響測深機を用いた深浅測量システム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・トータルステーションと音響測深機を用いた深浅測量

③公共工事のどこに適用できるのか?

・水底調査測量全般

④その他

・(2台のGPS受信機を用いる場合)
・音響測深機と第1のGPS(移動側受信機)をボートに搭載し、第2のGPS(基準受信機)を堤防等の陸地に設置する。水面から水底までの深さを音響測深機によって測定し、また水深を測定した際のボートの位置及び水面の高さを第1のGPSによって測定すると共に、第2のGPSによって基準点の位置及び高さを測定する。
・そして、第1のGPS及び第2のGPSで受信した電波の位相差から水面の高さ等の値を補正する。
・(自動追尾機能を搭載したトータルステーションを用いる場合)
・音響測深機をボートに搭載し、自動追尾機能を搭載したトータルステーションを堤防等の陸地に設置する。水面から水底までの深さを音響測深機によって測定し、また水深を測定した際のボートの位置及び水面の高さを自動追尾機能を搭載したトータルステーションによって測定する。

快速深浅測量の概略図

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/15)
快速深浅測量システム
  (KT-130026-VE)
副題 GPS電波を受信できる場所はもちろんのこと、GPS電波を受信できない場所でも水底の形状を高精度に測量する深浅測量
開発会社 株式会社CSS技術開発
区分 システム
アブストラクト 本技術は、2台のGPS受信機等と音響測深機を用いた深浅測量システムで、従来は、トータルステーションと音響測深機を用いた深浅測量で対応していた。本技術の活用により、測点毎のトータルステーションの操作が不要となり、工期短縮が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/15)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。