×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・気象注意喚起のメールを自動解析し、音声を一斉放送するシステム。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・受信した気象警報メールを現場監督者等がメガホンで周知。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・気象条件に左右される工事全般。

④その他

・気象注意喚起メールについては、安全建設気象モバイルKIYOMASA(NETIS登録番号KT-100110-V)を使用することによって、現場ピンポイントの情報を得られます。
・KIYOMASA以外の気象予報メール配信サービスと連動することも可能です。
・事前設定として、キーワード登録し、そのキーワードに関連付ける音声ファイルを登録します。
・気象注意喚起メールを受信後、メール本文内を自動解析し事前登録していたキーワードと一致すると、関連付けている音声を再生します。
例1:キーワード「雨」「40mm」、音声「洪水」を設定。→メール本文 「今から1時間以内に40mm以上の雨が降る恐れがあります」→キーワード「雨」「40mm」が一致したので音声ファイル「洪水」が自動再生。→スピーカーから「現場付近で洪水が予測されています。注意して下さい。」と音声が放送される。
例2:キーワード「竜巻」、音声ファイル「竜巻」を設定。→メール本文「竜巻発生の恐れがあります」→キーワード「竜巻」が一致したので音声ファイル「竜巻」が自動再生。→スピーカーから「現場付近で竜巻など激しい突風が起こる可能性があります。ご注意ください。」と音声が放送される。
例3:キーワード「雷」、音声「雷」を設定。→メール本文 「落雷の恐れがあります」→キーワード「雷」が一致したので音声ファイル「雷」が自動再生。→スピーカーから「現場付近で落雷が予測されています。注意して下さい。」と音声が放送される。

canary構成図

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

気象注意喚起伝達システムcanary(カナリー)
  (KT-120127-VR)
副題 気象注意喚起メールを自動で音声放送するシステム
開発会社 株式会社スカイシステム
区分 システム
アブストラクト 本技術は、気象注意喚起のメールを自動解析し、音声を一斉放送するシステムで、従来は、受信した気象警報メールを現場監督者等がメガホンで周知し対応していた。本技術の活用により、注意喚起する人間が不要となるので、省人化が図れ施工性が向上します。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・気象注意喚起のメールを自動解析し、音声を一斉放送するシステム。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・受信した気象警報メールを現場監督者等がメガホンで周知。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・気象条件に左右される工事全般。

④その他

・気象注意喚起メールについては、安全建設気象モバイルKIYOMASA(NETIS登録番号KT-100110-V)を使用することによって、現場ピンポイントの情報を得られます。
・KIYOMASA以外の気象予報メール配信サービスと連動することも可能です。
・事前設定として、キーワード登録し、そのキーワードに関連付ける音声ファイルを登録します。
・気象注意喚起メールを受信後、メール本文内を自動解析し事前登録していたキーワードと一致すると、関連付けている音声を再生します。
例1:キーワード「雨」「40mm」、音声「洪水」を設定。→メール本文 「今から1時間以内に40mm以上の雨が降る恐れがあります」→キーワード「雨」「40mm」が一致したので音声ファイル「洪水」が自動再生。→スピーカーから「現場付近で洪水が予測されています。注意して下さい。」と音声が放送される。
例2:キーワード「竜巻」、音声ファイル「竜巻」を設定。→メール本文「竜巻発生の恐れがあります」→キーワード「竜巻」が一致したので音声ファイル「竜巻」が自動再生。→スピーカーから「現場付近で竜巻など激しい突風が起こる可能性があります。ご注意ください。」と音声が放送される。
例3:キーワード「雷」、音声「雷」を設定。→メール本文 「落雷の恐れがあります」→キーワード「雷」が一致したので音声ファイル「雷」が自動再生。→スピーカーから「現場付近で落雷が予測されています。注意して下さい。」と音声が放送される。

canary構成図

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
気象注意喚起伝達システムcanary(カナリー)
  (KT-120127-VR)
副題 気象注意喚起メールを自動で音声放送するシステム
開発会社 株式会社スカイシステム
区分 システム
アブストラクト 本技術は、気象注意喚起のメールを自動解析し、音声を一斉放送するシステムで、従来は、受信した気象警報メールを現場監督者等がメガホンで周知し対応していた。本技術の活用により、注意喚起する人間が不要となるので、省人化が図れ施工性が向上します。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。