×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・本システムは地上型3Dレーザースキャナーを用いて独自の作業規程に沿って計測することにより、取得した点群データから3Dモデルを生成し縦横断図を作成することができる。

・非接触型システムであるため、人が立ち入れない場所でも安全に計測できる。

・従来工法(トータルステーション)より計測時間・日数も短縮され経済効果が得られる。


<特徴>

1)起工時及び施工後において一回の計測で作業が終了でき、現地での追加計測が不要であり何度でも縦横断図の作成が容易にできる。

2)路面計測においては、現道に人が立ち入らないので作業員の安全性が向上し、従来の交通規制が不要であり安全対策費の削減により経済効果が向上する。

3)3次元で立体的に表現するので問題箇所の抽出がしやすい。

4)計測後に必要な断面を検討できるので正確な土量管理ができる。

5)構造物施工時に伴う掘削などの複雑な断面形状の検証等にも対応できる。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

1)トータルステーション・電子平板による地上測量方式(縦断・横断測量)、測定場所へ1点づつ立ち入り測定しデータを取得していた。

2)急傾斜法面の横断測量など危険作業での安全対策等にも時間が費やされ計測を行っていた。

3)従来計測は、決められた検証箇所や部分的なデータの取得しかできず、必要により追加計測が求められた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

1)道路改良工事等に伴う起工測量時の現況測量。

2)切削オーバーレイ工事における断面計測・施工管理データの取得。

3)大規模造成工事に伴う出来形管理。メッシュ法、平均断面法、スライス法による土量計算。

4)災害発生地等の人が立ち入り困難箇所の現況測量。

5)埋立処分場等の出来形計測及び残余容量算出。

計測画面

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

3Dレーザースキャナーによる現況地形確認システム
  (TH-100021-VE)
副題 3Dレーザースキャナーを用いた現況地形確認及び出来形確認
開発会社 フタバコンサルタント株式会社
区分 システム
アブストラクト 地上型3Dレーザースキャナーの特性を活かし、計画・計測・点群処理・三角網生成・縦横断図作成までを一連とした作業規程にて規格を統一し、土工事や舗装工事で要求される起工時の現況確認及び施工後の出来形確認をサポートするシステムです。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/07/21)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・本システムは地上型3Dレーザースキャナーを用いて独自の作業規程に沿って計測することにより、取得した点群データから3Dモデルを生成し縦横断図を作成することができる。

・非接触型システムであるため、人が立ち入れない場所でも安全に計測できる。

・従来工法(トータルステーション)より計測時間・日数も短縮され経済効果が得られる。


<特徴>

1)起工時及び施工後において一回の計測で作業が終了でき、現地での追加計測が不要であり何度でも縦横断図の作成が容易にできる。

2)路面計測においては、現道に人が立ち入らないので作業員の安全性が向上し、従来の交通規制が不要であり安全対策費の削減により経済効果が向上する。

3)3次元で立体的に表現するので問題箇所の抽出がしやすい。

4)計測後に必要な断面を検討できるので正確な土量管理ができる。

5)構造物施工時に伴う掘削などの複雑な断面形状の検証等にも対応できる。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

1)トータルステーション・電子平板による地上測量方式(縦断・横断測量)、測定場所へ1点づつ立ち入り測定しデータを取得していた。

2)急傾斜法面の横断測量など危険作業での安全対策等にも時間が費やされ計測を行っていた。

3)従来計測は、決められた検証箇所や部分的なデータの取得しかできず、必要により追加計測が求められた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

1)道路改良工事等に伴う起工測量時の現況測量。

2)切削オーバーレイ工事における断面計測・施工管理データの取得。

3)大規模造成工事に伴う出来形管理。メッシュ法、平均断面法、スライス法による土量計算。

4)災害発生地等の人が立ち入り困難箇所の現況測量。

5)埋立処分場等の出来形計測及び残余容量算出。

計測画面

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/07/21)
3Dレーザースキャナーによる現況地形確認システム
  (TH-100021-VE)
副題 3Dレーザースキャナーを用いた現況地形確認及び出来形確認
開発会社 フタバコンサルタント株式会社
区分 システム
アブストラクト 地上型3Dレーザースキャナーの特性を活かし、計画・計測・点群処理・三角網生成・縦横断図作成までを一連とした作業規程にて規格を統一し、土工事や舗装工事で要求される起工時の現況確認及び施工後の出来形確認をサポートするシステムです。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/07/21)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。