×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・ ガスフレーム式金属溶射を用いた重防食技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・ 重防食塗装(C4系塗装)

③公共工事のどこに適用できるのか?

・ 橋梁工事(上部工・下部工)
・ 鉄塔工事
・ 水管橋工事
・ 道路付帯設備工事
・ 港湾設備工事
・ その他鋼構造物工事

④その他

環境に応じて溶射金属や皮膜厚さを選択できる金属溶射仕様

・ 非常に厳しい環境:海上及び海岸から1Km以内
溶射金属 アルミニウムまたはアルミニウム・マグネシウム合金
皮膜厚さ 150μm以上
封孔処理 1回+トップコート 1回

・ 厳しい環境:海岸から1~5Km以内及び工業地帯
溶射金属 Ⅰアルミニウム、アルミニウム・マグネシウム合金 Ⅱ亜鉛・アルミニウム合金
皮膜厚さ Ⅰ150μm Ⅱ100~150μm
封孔処理 1回
又は封孔処理 1回+トップコート 1回

・ 内陸部:海岸から5Km以上
溶射金属 Ⅰ亜鉛 Ⅱ亜鉛・アルミニウム合金
皮膜厚さ Ⅰ100~150μm Ⅱ100μm
封孔処理 1回
又は封孔処理 1回+トップコート 1回

・ 寒冷地で融雪剤散布地域
溶射金属 アルミニウムまたはアルミニウム・マグネシウム合金
皮膜厚さ 200μm以上
封孔処理 1回+トップコート 1回

ガスフレーム式金属溶射の概略図

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ガスフレーム式金属溶射による重防食技術
  (KT-100014-VR)
副題 金属溶射を使って、鋼構造物を長期間防食する技術
開発会社 防食溶射協同組合、日本溶射工業会 防食溶射委員会
区分 工法
アブストラクト 本技術は、鋼構造物にガスフレーム式金属溶射を用いた重防食技術である。従来は、重防食塗装(C4系塗装)で対応してきた。本技術により鋼構造物の耐久性の向上が図れ、メンテナンス期間が延長できライフサイクルコストの縮減が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・ ガスフレーム式金属溶射を用いた重防食技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・ 重防食塗装(C4系塗装)

③公共工事のどこに適用できるのか?

・ 橋梁工事(上部工・下部工)
・ 鉄塔工事
・ 水管橋工事
・ 道路付帯設備工事
・ 港湾設備工事
・ その他鋼構造物工事

④その他

環境に応じて溶射金属や皮膜厚さを選択できる金属溶射仕様

・ 非常に厳しい環境:海上及び海岸から1Km以内
溶射金属 アルミニウムまたはアルミニウム・マグネシウム合金
皮膜厚さ 150μm以上
封孔処理 1回+トップコート 1回

・ 厳しい環境:海岸から1~5Km以内及び工業地帯
溶射金属 Ⅰアルミニウム、アルミニウム・マグネシウム合金 Ⅱ亜鉛・アルミニウム合金
皮膜厚さ Ⅰ150μm Ⅱ100~150μm
封孔処理 1回
又は封孔処理 1回+トップコート 1回

・ 内陸部:海岸から5Km以上
溶射金属 Ⅰ亜鉛 Ⅱ亜鉛・アルミニウム合金
皮膜厚さ Ⅰ100~150μm Ⅱ100μm
封孔処理 1回
又は封孔処理 1回+トップコート 1回

・ 寒冷地で融雪剤散布地域
溶射金属 アルミニウムまたはアルミニウム・マグネシウム合金
皮膜厚さ 200μm以上
封孔処理 1回+トップコート 1回

ガスフレーム式金属溶射の概略図

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
ガスフレーム式金属溶射による重防食技術
  (KT-100014-VR)
副題 金属溶射を使って、鋼構造物を長期間防食する技術
開発会社 防食溶射協同組合、日本溶射工業会 防食溶射委員会
区分 工法
アブストラクト 本技術は、鋼構造物にガスフレーム式金属溶射を用いた重防食技術である。従来は、重防食塗装(C4系塗装)で対応してきた。本技術により鋼構造物の耐久性の向上が図れ、メンテナンス期間が延長できライフサイクルコストの縮減が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。