×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・土工や舗装工での締固め作業において、施工情報をリアルタイムに自動取得し管理する技術。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・RI計測法を用いた人力計測

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工と舗装工

④その他

システム概要:本技術は締固め機械の位置情報をリアルタイムに測定し、同期させ、マップ表示、記録、および出力可能な管理技術である。
システムの構成の説明…下記「締固め管理システム構成表」参照

システムの仕組み
・転圧回数管理:GNSSまたはTSによる位置計測によりローラの転圧回数を取得。
・ローラ加速度応答法による締固め管理:振動輪付近の加速度センサーにより地盤からの応答加速度信号を取得。
・アスファルト舗装の表面温度管理:ロール付近の温度センサーによりアスファルト舗装の表面温度を取得。
・計測結果の帳票化:締固め管理システムディスプレイに保存された施工情報をUSBで抽出し、室内設定・帳票作成ソフトにて帳票化。
・上記システムは舗装工にも適用可能。

用語説明
・CIS:【コンパクション・インフォメーション・システム】【締固め管理システム】
・転圧回数管理とローラ加速度応答法による締固め管理(CCV)、アスファルト舗装表面温度管理ができるシステム。設計データは3次元のCADデータ(DWGまたはDXF)も取り込み可能。

・CCV:【コンパクション・コントロール・バリュー】【ローラ加速度応答法による締固め管理】
・一般に振動ローラ転圧時の地盤からの応答加速度は、地盤の状態(硬軟)によって変化する。転圧回数の増加と伴に締固めが進行し、複数の周波数成分が合成され、応答加速度が変化する。CCVは、このような応答加速度の変化を捉え数値化したものである。

・TS:【自動追尾トータルステーション】ローラに取付けたプリズムをトータルステーションが自動追尾することで、ローラの位置情報を計測する手法。

・GNSS:【グローバル・ナビゲーション・サテライト・システム】人工衛星を利用した、測位手法の総称。情報化施工では、既知点と呼ばれる基地局情報を利用し測位する、RTK-GNSSという手法が多い。

土工用法面ローラへの取付け例

締固め管理システム構成表
システム 用途 構成部品 機能 設置場所 
締固め管理システム(CIS) 転圧回数管理用 ディスプレイ(ソフトウェア:Aithon(アイトン)MT) 締固め情報をマップ表示、記録、出力させる。 運転席付近 
   インターフェイスボックス 締固め情報と位置情報をリアルタイムに測定し同期させる。 ローラ車体上 
 ローラ加速度応答法による締固め管理用(CCV) 加速度センサー 振動輪の応答加速度信号を検出 振動輪付近のロール側フレーム 
   CCVコントローラ 応答加速度信号をもとにCCVを算出 ローラ車体上 
   (CCVディスプレイ) (CCVを表示) 運転席付近 
 アスファルト舗装の表面温度管理用 温度センサー 表面温度を検出 前後ロールの前方付近 
   (温度ディスプレイ)SRT-300 検出された温度を数値表示 運転席付近 
室内設定・帳票作成ソフト 施工データ・設計・整理 パソコン(ソフトウェア:Aithon(アイトン)PD) 施工エリアの設計、施工後の帳票作成 現場事務所 
位置計測機器(GNSS利用の場合) 移動局(ローラ側)用 GNSSアンテナ ローラ位置情報を衛星から受信 ローラ最頂部 
   無線受信機 基地局から位置情報補正情報を受信 ローラ車体上 
   GNSS受信機 ローラの位置情報と基地局からの位置補正情報を整合し、正確なローラ位置情報を出力 ローラ車体上 
 基地局(基準点側)用 GNSSアンテナ 衛星から基準点の位置情報を受信 基準点上 
   GNSS受信機 基準点と衛星からの位置情報の誤差を計測し、位置補正情報を出力 基地局付近 
   無線発信機 位置補正情報をローラ側に無線発信 基地局付近 
   電源装置 GNSS受信機、無線発信機に電源供給 基地局付近 
位置計測機器(自動追尾TS利用の場合) 移動局側(ローラ側)用 プリズム 器械点からのレーザを反射し、移動局の位置を示す ローラ最頂部 
   無線受信機 器械点から発信された、ローラ位置情報を受信 ローラ車体上 
 器械点側(基準点側)用 自動追尾TS ローラのプリズムを追尾し、ローラの位置を計測 基準点上 
   無線発信機 ローラ位置情報をローラ側へ発信 基準点付近 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

締固め管理システム CIS(コンパクション インフォメーション システム)
  (KT-100107-VE)
副題 締固め情報とローラ位置情報をリアルタイムに測定し、同期させ、マップ表示、記録および出力可能な管理システム
開発会社 酒井重工業株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、土工や舗装工での締固め作業において、施工情報をリアルタイムに自動取得し管理する技術で、従来はRI計測法を用いた人力計測で対応していた。本技術の活用により、リアルタイムに施工品質を判断し、転圧の過不足を防止でき、品質が向上する。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・土工や舗装工での締固め作業において、施工情報をリアルタイムに自動取得し管理する技術。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・RI計測法を用いた人力計測

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工と舗装工

④その他

システム概要:本技術は締固め機械の位置情報をリアルタイムに測定し、同期させ、マップ表示、記録、および出力可能な管理技術である。
システムの構成の説明…下記「締固め管理システム構成表」参照

システムの仕組み
・転圧回数管理:GNSSまたはTSによる位置計測によりローラの転圧回数を取得。
・ローラ加速度応答法による締固め管理:振動輪付近の加速度センサーにより地盤からの応答加速度信号を取得。
・アスファルト舗装の表面温度管理:ロール付近の温度センサーによりアスファルト舗装の表面温度を取得。
・計測結果の帳票化:締固め管理システムディスプレイに保存された施工情報をUSBで抽出し、室内設定・帳票作成ソフトにて帳票化。
・上記システムは舗装工にも適用可能。

用語説明
・CIS:【コンパクション・インフォメーション・システム】【締固め管理システム】
・転圧回数管理とローラ加速度応答法による締固め管理(CCV)、アスファルト舗装表面温度管理ができるシステム。設計データは3次元のCADデータ(DWGまたはDXF)も取り込み可能。

・CCV:【コンパクション・コントロール・バリュー】【ローラ加速度応答法による締固め管理】
・一般に振動ローラ転圧時の地盤からの応答加速度は、地盤の状態(硬軟)によって変化する。転圧回数の増加と伴に締固めが進行し、複数の周波数成分が合成され、応答加速度が変化する。CCVは、このような応答加速度の変化を捉え数値化したものである。

・TS:【自動追尾トータルステーション】ローラに取付けたプリズムをトータルステーションが自動追尾することで、ローラの位置情報を計測する手法。

・GNSS:【グローバル・ナビゲーション・サテライト・システム】人工衛星を利用した、測位手法の総称。情報化施工では、既知点と呼ばれる基地局情報を利用し測位する、RTK-GNSSという手法が多い。

土工用法面ローラへの取付け例

締固め管理システム構成表
システム 用途 構成部品 機能 設置場所 
締固め管理システム(CIS) 転圧回数管理用 ディスプレイ(ソフトウェア:Aithon(アイトン)MT) 締固め情報をマップ表示、記録、出力させる。 運転席付近 
   インターフェイスボックス 締固め情報と位置情報をリアルタイムに測定し同期させる。 ローラ車体上 
 ローラ加速度応答法による締固め管理用(CCV) 加速度センサー 振動輪の応答加速度信号を検出 振動輪付近のロール側フレーム 
   CCVコントローラ 応答加速度信号をもとにCCVを算出 ローラ車体上 
   (CCVディスプレイ) (CCVを表示) 運転席付近 
 アスファルト舗装の表面温度管理用 温度センサー 表面温度を検出 前後ロールの前方付近 
   (温度ディスプレイ)SRT-300 検出された温度を数値表示 運転席付近 
室内設定・帳票作成ソフト 施工データ・設計・整理 パソコン(ソフトウェア:Aithon(アイトン)PD) 施工エリアの設計、施工後の帳票作成 現場事務所 
位置計測機器(GNSS利用の場合) 移動局(ローラ側)用 GNSSアンテナ ローラ位置情報を衛星から受信 ローラ最頂部 
   無線受信機 基地局から位置情報補正情報を受信 ローラ車体上 
   GNSS受信機 ローラの位置情報と基地局からの位置補正情報を整合し、正確なローラ位置情報を出力 ローラ車体上 
 基地局(基準点側)用 GNSSアンテナ 衛星から基準点の位置情報を受信 基準点上 
   GNSS受信機 基準点と衛星からの位置情報の誤差を計測し、位置補正情報を出力 基地局付近 
   無線発信機 位置補正情報をローラ側に無線発信 基地局付近 
   電源装置 GNSS受信機、無線発信機に電源供給 基地局付近 
位置計測機器(自動追尾TS利用の場合) 移動局側(ローラ側)用 プリズム 器械点からのレーザを反射し、移動局の位置を示す ローラ最頂部 
   無線受信機 器械点から発信された、ローラ位置情報を受信 ローラ車体上 
 器械点側(基準点側)用 自動追尾TS ローラのプリズムを追尾し、ローラの位置を計測 基準点上 
   無線発信機 ローラ位置情報をローラ側へ発信 基準点付近 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
締固め管理システム CIS(コンパクション インフォメーション システム)
  (KT-100107-VE)
副題 締固め情報とローラ位置情報をリアルタイムに測定し、同期させ、マップ表示、記録および出力可能な管理システム
開発会社 酒井重工業株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、土工や舗装工での締固め作業において、施工情報をリアルタイムに自動取得し管理する技術で、従来はRI計測法を用いた人力計測で対応していた。本技術の活用により、リアルタイムに施工品質を判断し、転圧の過不足を防止でき、品質が向上する。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。