×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・コンクリート中における鉄筋の腐食環境を防錆環境へと品質改善を行うことが可能な技術である。
・「塩分吸着剤」により、鉄筋の残存錆やコンクリート中に存在する有害な塩化物イオンを吸着固定し、かつ亜硝酸イオンを放出することで安定かつ長期的にわたりコンクリート中に高い防錆環境を創出するコンクリート品質改善型断面修復技術である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

a)従来は鉄筋の残存錆やコンクリート中に含まれる塩化物イオンに対して、亜硝酸リチウム等の導入により防錆処理を行っていたが、塩化物イオンは存在したままであり、それが補修箇所の再劣化を引き起こす要因の一つとなっていた。

b)亜硝酸リチウム等による防錆効果は、コンクリート中に含まれる塩化物イオン量が2kg/m3を超えると低下し、補修後、早期に再劣化することがあるなど耐久性に問題がある。

c)断面修復後は表面保護材により、外部からの塩化物イオンの浸入を防護していたが、表面保護材の劣化が生じると塩化物イオンの浸入によりコンクリート内部は腐食環境へと移行することが懸念された。

③公共工事のどこに適用できるのか?

塩害・中性化などの影響を受けるすべてのコンクリート構造物の補修および補強工事

④その他

a)「塩分吸着剤」は、図-1に示すように、正に帯電させた層状の構造を有するカルシウム・アルミニウム複合水酸化物で、層間に鉄筋腐食抑制効果のある亜硝酸イオン(NO2-)を保持させたものである。塩化物イオン(Cl-)を吸着して、亜硝酸イオンを放出するイオン交換機能を有している。

b)防錆モルタルRJ2・RJ3は、2017年3月末で廃番とする。以後、防錆材はSJ1で設計・施工する。

c)予防モルタルRJ5は廃番とし、RP310で代用する。

d)防錆ペーストRJ1は亜硝酸イオン放出機能を活用し、一般環境での防錆材として活用する。

e)耐久モルタルRP100は「塩分吸着剤」を配合していない断面修復材であり、内的塩害の場合に使用する。

図-1 「塩分吸着剤」の構造・反応模式図

「塩分吸着剤」の性能表(塩化物イオン吸着量と亜硝酸イオン放出量)
材料の種類 塩化物イオン吸着量(mg/g) 亜硝酸イオン放出量(mg/g) 
高性能防錆ペースト SJ1 15.0以上 55.0以上 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

N-SSI工法
  (KK-100009-VE)
副題 「塩分吸着剤」による高防錆型断面補修工法
開発会社 公益財団法人鉄道総合技術研究所、株式会社ジェイアール総研エンジニアリング、三菱マテリアル株式会社
区分 工法
アブストラクト 本工法は、飛来塩分や凍結防止材による塩害で劣化したコンクリート構造物に対する高防錆型断面修復工法である。材料は、「塩分吸着剤」を添加したポリマーセメント系で構成され、補修部位の劣化状況や塩化物イオン量に応じて材料を加減することにより、コストを縮減できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・コンクリート中における鉄筋の腐食環境を防錆環境へと品質改善を行うことが可能な技術である。
・「塩分吸着剤」により、鉄筋の残存錆やコンクリート中に存在する有害な塩化物イオンを吸着固定し、かつ亜硝酸イオンを放出することで安定かつ長期的にわたりコンクリート中に高い防錆環境を創出するコンクリート品質改善型断面修復技術である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

a)従来は鉄筋の残存錆やコンクリート中に含まれる塩化物イオンに対して、亜硝酸リチウム等の導入により防錆処理を行っていたが、塩化物イオンは存在したままであり、それが補修箇所の再劣化を引き起こす要因の一つとなっていた。

b)亜硝酸リチウム等による防錆効果は、コンクリート中に含まれる塩化物イオン量が2kg/m3を超えると低下し、補修後、早期に再劣化することがあるなど耐久性に問題がある。

c)断面修復後は表面保護材により、外部からの塩化物イオンの浸入を防護していたが、表面保護材の劣化が生じると塩化物イオンの浸入によりコンクリート内部は腐食環境へと移行することが懸念された。

③公共工事のどこに適用できるのか?

塩害・中性化などの影響を受けるすべてのコンクリート構造物の補修および補強工事

④その他

a)「塩分吸着剤」は、図-1に示すように、正に帯電させた層状の構造を有するカルシウム・アルミニウム複合水酸化物で、層間に鉄筋腐食抑制効果のある亜硝酸イオン(NO2-)を保持させたものである。塩化物イオン(Cl-)を吸着して、亜硝酸イオンを放出するイオン交換機能を有している。

b)防錆モルタルRJ2・RJ3は、2017年3月末で廃番とする。以後、防錆材はSJ1で設計・施工する。

c)予防モルタルRJ5は廃番とし、RP310で代用する。

d)防錆ペーストRJ1は亜硝酸イオン放出機能を活用し、一般環境での防錆材として活用する。

e)耐久モルタルRP100は「塩分吸着剤」を配合していない断面修復材であり、内的塩害の場合に使用する。

図-1 「塩分吸着剤」の構造・反応模式図

「塩分吸着剤」の性能表(塩化物イオン吸着量と亜硝酸イオン放出量)
材料の種類 塩化物イオン吸着量(mg/g) 亜硝酸イオン放出量(mg/g) 
高性能防錆ペースト SJ1 15.0以上 55.0以上 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
N-SSI工法
  (KK-100009-VE)
副題 「塩分吸着剤」による高防錆型断面補修工法
開発会社 公益財団法人鉄道総合技術研究所、株式会社ジェイアール総研エンジニアリング、三菱マテリアル株式会社
区分 工法
アブストラクト 本工法は、飛来塩分や凍結防止材による塩害で劣化したコンクリート構造物に対する高防錆型断面修復工法である。材料は、「塩分吸着剤」を添加したポリマーセメント系で構成され、補修部位の劣化状況や塩化物イオン量に応じて材料を加減することにより、コストを縮減できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。