×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

『事故発生時に、登録した工事関係者に事故発生第一報メール送信による事故情報の共有と負傷者の医療情報をWebサーバーより提供するシステム』
・ 負傷者のQRコードを携帯電話で読取ると、携帯電話の画面に現場代理人、現場事務所等の連絡先が表示され、電話番号をクリックすると電話を呼び出す。
・ 本システムにデータ入力することにより、新規入場者教育確認書及び入場者一覧表の印刷と、Excelファイルを作成する。
・ 工事現場に入場する工事関係者毎に、Webサーバーへアクセスする情報の入ったQRコードを作成する。
・ 本システムの個人情報データは、Webサーバーに保管され、パスワードで保護される。
・ 新規入場者教育を受けた工事関係者等が負傷者のQRコードを携帯電話で読取り、Webサーバーにアクセスして治療に必要な医療情報をパスワード権限により管理して (血液型、持病名、主治医、病院名、電話番号、健康保険証番号等)の権限に応じた情報の提供を受ける。
・ 登録した工事関係者へ同時に事故発生メールを送信、正確な事故情報の共有で伝達ミスを防ぐ。

・救急車連絡機能(ワンタッチ電話機能)
・緊急時応急処置方法のまんが絵説明 (止血方法、心臓マッサージ方法、AEDの使用方法)
・AED、医療薬、の保管場所(施工場所の何処に保管しているか説明)
・簡易タンカーの造り方(施工場所にある資材で作る方法)
・緊急時連絡体制の手順
・緊急時安否確認情報
・工事関係者へ事故情報同時メール配信

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・ 個人の識別情報は、ヘルメットに血液型、氏名、所属会社のシールを貼り、名前と血液型が分かるように表示していた。
・ 工事関係者への連絡は、携帯電話、無線等で事故情報の伝達をしていた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・工事現場全般

緊急時情報提供システム「QRクイックシステム」の概要

機能概要
主な機能 概要 
作成書類 新規入場者教育確認書、入場者一覧表 
QRコード生成 「テプラ」シール幅24mm以上推奨、エーワン、ラベルシールA4用紙に印刷。 
セキュリティ 4段階のパスワードで個人情報の保護と、閲覧内容を制限。 
Webサーバー 新規入場者情報及び個人の医療情報をWebサーバに保管、必要時に閲覧。 
メール送信 登録した工事関係者全員に、事故情報を同時メール送信。 
QRコード読取り制限 WebサーバーへアクセスするアドレスをQRコードで取得し、パスワードでログインする。 

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

緊急時情報提供システム 「QRクイックレスキュー」
  (HK-120024-VE)
副題 QRコードを利用した安全対策 (事故発生時に負傷者の医療情報をWebサーバーより提供するシステム)
開発会社 株式会社ダブルクリック
区分 システム
アブストラクト ヘルメット、ネームプレート等に、パスワードで保護された本人識別情報のアドレスを記録したQRコードを貼り、事故等の緊急時に携帯電話でQRコードを読取り、Webサーバーにアクセスして、救急隊員、医師の治療に必要な医療情報等の提供を受ける。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/26)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

『事故発生時に、登録した工事関係者に事故発生第一報メール送信による事故情報の共有と負傷者の医療情報をWebサーバーより提供するシステム』
・ 負傷者のQRコードを携帯電話で読取ると、携帯電話の画面に現場代理人、現場事務所等の連絡先が表示され、電話番号をクリックすると電話を呼び出す。
・ 本システムにデータ入力することにより、新規入場者教育確認書及び入場者一覧表の印刷と、Excelファイルを作成する。
・ 工事現場に入場する工事関係者毎に、Webサーバーへアクセスする情報の入ったQRコードを作成する。
・ 本システムの個人情報データは、Webサーバーに保管され、パスワードで保護される。
・ 新規入場者教育を受けた工事関係者等が負傷者のQRコードを携帯電話で読取り、Webサーバーにアクセスして治療に必要な医療情報をパスワード権限により管理して (血液型、持病名、主治医、病院名、電話番号、健康保険証番号等)の権限に応じた情報の提供を受ける。
・ 登録した工事関係者へ同時に事故発生メールを送信、正確な事故情報の共有で伝達ミスを防ぐ。

・救急車連絡機能(ワンタッチ電話機能)
・緊急時応急処置方法のまんが絵説明 (止血方法、心臓マッサージ方法、AEDの使用方法)
・AED、医療薬、の保管場所(施工場所の何処に保管しているか説明)
・簡易タンカーの造り方(施工場所にある資材で作る方法)
・緊急時連絡体制の手順
・緊急時安否確認情報
・工事関係者へ事故情報同時メール配信

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・ 個人の識別情報は、ヘルメットに血液型、氏名、所属会社のシールを貼り、名前と血液型が分かるように表示していた。
・ 工事関係者への連絡は、携帯電話、無線等で事故情報の伝達をしていた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・工事現場全般

緊急時情報提供システム「QRクイックシステム」の概要

機能概要
主な機能 概要 
作成書類 新規入場者教育確認書、入場者一覧表 
QRコード生成 「テプラ」シール幅24mm以上推奨、エーワン、ラベルシールA4用紙に印刷。 
セキュリティ 4段階のパスワードで個人情報の保護と、閲覧内容を制限。 
Webサーバー 新規入場者情報及び個人の医療情報をWebサーバに保管、必要時に閲覧。 
メール送信 登録した工事関係者全員に、事故情報を同時メール送信。 
QRコード読取り制限 WebサーバーへアクセスするアドレスをQRコードで取得し、パスワードでログインする。 

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/26)
緊急時情報提供システム 「QRクイックレスキュー」
  (HK-120024-VE)
副題 QRコードを利用した安全対策 (事故発生時に負傷者の医療情報をWebサーバーより提供するシステム)
開発会社 株式会社ダブルクリック
区分 システム
アブストラクト ヘルメット、ネームプレート等に、パスワードで保護された本人識別情報のアドレスを記録したQRコードを貼り、事故等の緊急時に携帯電話でQRコードを読取り、Webサーバーにアクセスして、救急隊員、医師の治療に必要な医療情報等の提供を受ける。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/26)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。