×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・夜間工事に不可欠な台車付き移動投光機の電源にバッテリーを使用し、現場でのCO2排出、騒音、振動をゼロにする。

〔本技術によるメリット〕

・騒音ゼロ、振動ゼロ・・・(発動発電機)50dB※→(本技術)0dB。
※装置から7m離れた距離の騒音測定値

・Co2排出量比較・・・1日10時間稼働した場合、(発動発電機)11.6kg-CO2 ※1 →(本技術)0.436kg-CO2 ※2。約96%の削減。

※1 発動発電機=ガソリン5L/日消費した場合を想定
使用燃料ガソリン(5L)×ガソリン二酸化炭素排出係数(2.32kg-CO2/L)
※2 本技術=1回満充電した場合を想定
充電時消費電力(0.12KW)×充電時間(8時間)×中部電力21年度二酸化炭素排出係数(0.455kg-CO2/kWh)

・自動車用HIDランプを採用しているため、瞬時点灯・再点灯が可能。

・標準ランプ使用時は、照射角度90°までの範囲を照らし、掘削作業などの細かな作業に適する。

・光拡散カバー使用時は、照射角度180°以上の範囲に使用でき、現場周囲を広く照らすのに適する。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・発動発電機を電源に使用した投光機で対応していた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・騒音、振動が問題になる住宅密集地

・空気循環が少ない閉鎖された作業現場(トンネルなど)

・頻繁に設置、移動を繰り返す連続した作業現場
製品仕様(諸元表)
品目 仕様 
使用ランプ HID35W×2灯 
ランプ定格寿命(h) 約3000h(光束維持率50%時) 
使用電源 ディープサイクルバッテリー 
定格電圧 DC12V 
電流容量 100Ah 
マスト方式 伸縮式3段 
マスト操作 手動減速ウインチ 
マスト高さ(ランプ中心まで) 3,210mm 
収納寸法(L×W×H) 880×650×1750mm 
最低地上高 65mm 
総重量(標準仕様) 107kg 
連続点灯時間 10時間 
充電時間 8時間 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ZEROライト 静夜 「HIDビームライト」
  (CB-100056-V)
副題 自動車用HIDランプを活用した、環境にやさしいバッテリーを電源とした台車付き移動投光機
開発会社 日星工業株式会社、株式会社小糸製作所
区分 機械
アブストラクト 本技術は、バッテリーを電源に使用した台車付き移動式投光機であり、従来は発動発電機を電源にした投光機で対応していた。自動車用HIDの採用で瞬時再点灯ができ、省電力充電によるCO2排出量の大幅削減、ランニングコストの削減及び騒音対策が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・夜間工事に不可欠な台車付き移動投光機の電源にバッテリーを使用し、現場でのCO2排出、騒音、振動をゼロにする。

〔本技術によるメリット〕

・騒音ゼロ、振動ゼロ・・・(発動発電機)50dB※→(本技術)0dB。
※装置から7m離れた距離の騒音測定値

・Co2排出量比較・・・1日10時間稼働した場合、(発動発電機)11.6kg-CO2 ※1 →(本技術)0.436kg-CO2 ※2。約96%の削減。

※1 発動発電機=ガソリン5L/日消費した場合を想定
使用燃料ガソリン(5L)×ガソリン二酸化炭素排出係数(2.32kg-CO2/L)
※2 本技術=1回満充電した場合を想定
充電時消費電力(0.12KW)×充電時間(8時間)×中部電力21年度二酸化炭素排出係数(0.455kg-CO2/kWh)

・自動車用HIDランプを採用しているため、瞬時点灯・再点灯が可能。

・標準ランプ使用時は、照射角度90°までの範囲を照らし、掘削作業などの細かな作業に適する。

・光拡散カバー使用時は、照射角度180°以上の範囲に使用でき、現場周囲を広く照らすのに適する。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・発動発電機を電源に使用した投光機で対応していた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・騒音、振動が問題になる住宅密集地

・空気循環が少ない閉鎖された作業現場(トンネルなど)

・頻繁に設置、移動を繰り返す連続した作業現場
製品仕様(諸元表)
品目 仕様 
使用ランプ HID35W×2灯 
ランプ定格寿命(h) 約3000h(光束維持率50%時) 
使用電源 ディープサイクルバッテリー 
定格電圧 DC12V 
電流容量 100Ah 
マスト方式 伸縮式3段 
マスト操作 手動減速ウインチ 
マスト高さ(ランプ中心まで) 3,210mm 
収納寸法(L×W×H) 880×650×1750mm 
最低地上高 65mm 
総重量(標準仕様) 107kg 
連続点灯時間 10時間 
充電時間 8時間 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
ZEROライト 静夜 「HIDビームライト」
  (CB-100056-V)
副題 自動車用HIDランプを活用した、環境にやさしいバッテリーを電源とした台車付き移動投光機
開発会社 日星工業株式会社、株式会社小糸製作所
区分 機械
アブストラクト 本技術は、バッテリーを電源に使用した台車付き移動式投光機であり、従来は発動発電機を電源にした投光機で対応していた。自動車用HIDの採用で瞬時再点灯ができ、省電力充電によるCO2排出量の大幅削減、ランニングコストの削減及び騒音対策が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。