NETISプラス

新技術海外展開支援 - Overseas Promotion of Japanese Technology -

Seminar on Japanese Construction Technology in Thailand 2016 開催報告

平成28 年9 月14 日、15 日の2 日間に亘り、在タイ日本国大使館(多目的ホール)において、Seminar on Japanese Construction Technology in Thailand 2016 を開催しました。
本セミナーは、一般財団法人先端建設技術センターの主催、在タイ日本国大使館・国土交通省・(独)国際協力機構タイ事務所の後援により、日本の先端建設関連技術をタイの建設業関係者(行政・建設業者・コンサルタント)に紹介し、海外展開を支援することを目的として開催したものです。セミナーにはタイの建設業に関係する幅広い分野から、2日間で延べ324名の方々に参加いただきました。

祝辞を在タイ日本国大使館 佐渡島志郎大使をはじめ、RID(農業協同省灌漑局)副局長、BMA(バンコク都)水質管理部長、TCA(タイ建設業協会)会長、CEAT(タイコンサルタント業協会)会長が実施、キーノートスピーチを、TEAM社(タイ最大手建設コンサル)社長、チョーカンチャン社会長、国土交通省、日本人商工会議所(建設部会)より賜りました。
タイ側の関心も高く、発表では、タイ側の参加者から積極的な質問が出され意見交換を行うなど、日本の先端建設技術をアピールする有意義な機会となりました。


祝辞

在タイ日本国大使館
特命全権大使
佐渡島 志郎氏

ROYAL IRRIGATION DEPARTMENT
DEPUTY DIRECTOR GENERAL
Mr.SOMKIAT PRAJAMWONG

BANGKOK METROPOLITAN
ADMINISTRATION
DIRECTOR OF WATER QUALITY
MANAGEMENT OFFICE
Mr.SURART JAROENCHAISAKUL

THAI CONTRACTORS ASSOCIATION
UNDER H.M THE KING'S
PATRONAGE
PRESIDENT
Mr.SANGVORN LIPATAPANLOP

THE CONSULTING ENGINEERS
ASSOCIATION OF THAILAND
PRESIDENT
Mr.SUPOTE LOHWACHARIN


基調講演

Japanese Construction Technology
for Transportation System Projects in Thailand
TEAM Consulting Engineering and Management Co.,Ltd.
PRESIDENT
Mr.CHAWALIT CHANTARARAT

Summary of the VDO
presentation of Xayaburi
Hydroelectric Power Plant
Project
CH.KARNCHANG PCL.
Chairman of the Executive Board and
Director


次世代の先端建設技術(情報通信技術・ロボット技術等)を推進する政策の紹介
国土交通省総合政策局公共事業企画調整課
企画専門官 新田 恭士氏


建設分野におけるタイでの日本企業の取り組み事例
バンコク日本人商工会議所(建設部会)
KAJIMA ROAD OVERSEAS Co.,Ltd.
小野 昌邦氏

講演


Underground Construction Effective
usage in Tokyo
(一財)先端建設技術センター
理事 兼 企画部長
吉田 延雄氏


セミナー発表技術
技術分野:  ①地盤改良技術 ②護岸・盛土技術 ③洪水・排水対策技術
2016年9月14日(水)

発表者:清水建設株式会社
技術名:高性能TBM
技術概要:特殊地山条件を克服したTBMとその掘進技術システム。
技術分野:

発表者:ユニチカ株式会社
技術名:ジオテキスタイルを用いた軟弱路床上舗装
技術概要:従来の安定処理・置換工法に比べ、軟弱路床上にジオテキスタイルを敷設することで、短工期・低コストで所要の舗装支持力が確保できる工法。20%以上のコスト縮減が可能である。(※日本国内でのケース)
技術分野:

発表者:ケミカルグラウト株式会社
技術名:GEOPASTA(ジオパスタ)工法
技術概要:ジェットエネルギー効率を高めた最新のジェットグラウト工法(ジオパスタ工法)は、いかなる土質や現場においても、改良体の径、形状、圧縮強度、そしてコストを自在に設計する事が可能である。その技術は軟弱地盤の改良や液状化対策に最も効果を発揮する固結工法である。
技術分野:

発表者:パワーブレンダー工法協会
技術名:パワーブレンダー工法
技術概要:パワーブレンダー工法は、原位置土と改良材を鉛直方向に機械撹拌混合する地盤改良工法。互層地盤においても均質で高品質な改良体を造成することが可能な低コストの地盤改良工法。
技術分野:

発表者:芦森工業株式会社
技術名:パレスシート工法
技術概要:軟弱地盤の表層改良工法。
技術分野:

発表者:西尾レントオール株式会社
技術名:3Dマシンコントロールシステム(モーターグレーダー)
技術概要:i‐Constructionの施工段階で利用される、GPSの位置情報、3D設計データを活用し、モーターグレーダなど重機の排土板を自動制御する敷均しシステム。これにより現場での施工精度、安全性の向上、測量作業の省力化を期待できる。
技術分野:

発表者:西松建設株式会社(ハイグレードソイルコンソーシアム)
技術名:HGS短繊維混合補強土工法
技術概要:建設発生土などの土または安定処理土に短繊維を混合することで強度、靭性(ねばり強さ)などの力学的特性の向上や降雨、流水などに対する耐侵食性の向上などを期待する工法。
技術分野:

2016年9月15日(木)

発表者:日本国土開発株式会社
技術名:ツイスター工法
技術概要:『ツイスター工法』は、円筒内で高速回転する複数本のフレキシブルなチェーンの打撃力で、2~3種類の建設発生材の破砕・細粒化(解砕)と共に、材料が均一に分散されることで、破砕と混合を同時にできる。また、従来工法で対応できない(バンコククレーのような)高含水比の粘性土も、均質に効率よく改良できる画期的な土砂改良技術である(品質の安定した改良土の大量製造が可能)。
技術分野:

発表者:共和コンクリート工業株式会社
技術名:環境保全型大型覆土連結ブロック工法
技術概要:河岸侵食防止を主目的とし、覆土(客土)を施すことで植生の生育、生物の生息空間の保全も期待できる護岸(法覆)工技術。
技術分野:

発表者:株式会社 荏原製作所
技術名:大型排水ポンプおよびポンプシステム
技術概要:タイでも導入が始まりつつある大型排水ポンプ設備について、a) 高い信頼性、b) 効果的・効率的な排水機能、c) コンパクト化(小さく・浅く)、を実現するポンプおよびポンプシステム技術を紹介する。
技術分野:

発表者:株式会社 技研製作所
技術名:油圧圧入工法およびインプラント構造物
技術概要:油圧圧入による既製杭の無振動・無騒音工法。
技術分野:②③

発表者:三信建設工業株式会社
技術名:従来技術から大きく進化した薬液注入工法-マルチストレーナ工法
技術概要:二重管ダブルパッカー工法を大きく進化させた地盤注入工法。柱状浸透理論に基づいた浸透注入は広範囲の急速注入効果によって、施工本数を削減し、工期短縮に大きく寄与する。
技術分野:

発表者:日立造船株式会社
技術名:陸上設備型フラップゲート式防潮堤技術「neo RiSe」
技術概要:無動力で、かつ人為操作を必要とせずに立ち上げることができる防潮堤。
技術分野:③<


新技術海外展開支援
Overseas Promotion of Japanese Technology

海外における過去の活動紹介