×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

低流動性モルタルを用いた静的圧入締固め工法

②従来はどのような技術で対応していたのか?

薬液注入工法(二重管ダブルパッカ)による地盤の固化

③公共工事のどこに適用できるのか?

空港の滑走路直下地盤や既設護岸・構造物直下地盤など制約条件下での液状化対策

④その他

・CPGポンプを用いた静的圧入により、無振動・低騒音で地盤を締固める。地盤変位や構造物変位が少なく、既設構造物の直下、直近地盤といったこれまで困難であった現場に適用可能。
・施工箇所には小型ボーリングマシンと注入管リフト装置を設置するだけなので、上空制限がある場所や、既設構造物の内部などの狭い作業空間でも施工が可能である。
・小口径(φ73㎜)ロッドにより削孔するので、改良対象地盤上部に硬い地盤が存在していても容易に貫通し、下部の対象地盤を改良することができる。
・ 注入量の変更により土層ごとに最適な改良率を選定できるので、経済設計が可能である。また、改良する土層の中間に改良を必要としない層(例えば、粘性土層)が存在する場合、削孔断面(φ73㎜)の範囲のみに注入材を充填する施工方法、いわゆる「中抜き施工」で対応することができる。

図-1 CPG工法適用例

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

CPG工法
  (KTK-140005-A)
副題 静的圧入締固め工法による液状化対策技術
開発会社 (独)港湾空港技術研究所、みらい建設工業株式会社、三信建設工業株式会社、復建調査設計株式会社、東興ジオテック株式会社、九州大学
区分 工法
アブストラクト 本技術は、地盤内に固結体を形成し周辺地盤を圧縮強化する静的圧入締固め工法で、地盤の液状化対策を行う技術である。従来は、薬液注入工法で対応していた。本技術の活用により、対象土への注入量を減らすことが可能となり、経済性・周辺環境への影響抑制が向上した。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/03/17)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

低流動性モルタルを用いた静的圧入締固め工法

②従来はどのような技術で対応していたのか?

薬液注入工法(二重管ダブルパッカ)による地盤の固化

③公共工事のどこに適用できるのか?

空港の滑走路直下地盤や既設護岸・構造物直下地盤など制約条件下での液状化対策

④その他

・CPGポンプを用いた静的圧入により、無振動・低騒音で地盤を締固める。地盤変位や構造物変位が少なく、既設構造物の直下、直近地盤といったこれまで困難であった現場に適用可能。
・施工箇所には小型ボーリングマシンと注入管リフト装置を設置するだけなので、上空制限がある場所や、既設構造物の内部などの狭い作業空間でも施工が可能である。
・小口径(φ73㎜)ロッドにより削孔するので、改良対象地盤上部に硬い地盤が存在していても容易に貫通し、下部の対象地盤を改良することができる。
・ 注入量の変更により土層ごとに最適な改良率を選定できるので、経済設計が可能である。また、改良する土層の中間に改良を必要としない層(例えば、粘性土層)が存在する場合、削孔断面(φ73㎜)の範囲のみに注入材を充填する施工方法、いわゆる「中抜き施工」で対応することができる。

図-1 CPG工法適用例

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/03/17)
CPG工法
  (KTK-140005-A)
副題 静的圧入締固め工法による液状化対策技術
開発会社 (独)港湾空港技術研究所、みらい建設工業株式会社、三信建設工業株式会社、復建調査設計株式会社、東興ジオテック株式会社、九州大学
区分 工法
アブストラクト 本技術は、地盤内に固結体を形成し周辺地盤を圧縮強化する静的圧入締固め工法で、地盤の液状化対策を行う技術である。従来は、薬液注入工法で対応していた。本技術の活用により、対象土への注入量を減らすことが可能となり、経済性・周辺環境への影響抑制が向上した。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/03/17)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。