×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

除草と同時に堤防計測できるシステム、 CalSok(刈測)
(AC-180021-A)  (KT-180041-A) 更新履歴
副題 大型除草機械搭載型の計測システムで、堤防の3次元地形データを計測
開発会社 朝日航洋株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、堤防の維持管理・点検のため、除草時に堤防地形(地盤高)を計測する技術で、従来は除草工及びMMSによる地形計測で対応していた。本技術の活用により、植生の影響を抑えた正確な計測結果が得られるため、堤防地形(地盤高)データの品質の向上が図れる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・堤防の維持管理・点検のため、除草時に堤防地形(地盤高)を計測する技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・除草工及びMMSによる地形計測

③公共工事のどこに適用できるのか?

・除草工及び堤防維持管理、点検業務

④その他

【開発の経緯】
・国土交通省の平成26年度「社会インフラへのモニタリング技術の活用推進に関する技術研究開発に係る公募」にて採択をうけ、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)「 インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」の助成を受け、河川堤防のモニタリングを目的として研究開発した技術である。

【従来課題と技術】
・植生により正確な堤防地形の計測ができないという従来課題を、除草工に本計測技術を付随することで、正確に、効率よく、かつ持続的に堤防地形の計測と経年モニタリングを可能とする技術。

【特徴】
従来のMMS計測と比較して以下の特徴がある。

・除草直後の計測のため、植生の影響を抑えた、正確な堤防地形(地盤高)の計測が可能
・堤防法面に対し近接(約1.2m)かつ、垂直な計測方法のため、法面全体を均一に計測でき、さらにレーザー光の地盤到達率が向上するため、堤防地盤の微細な形状を把握できる。
・特に、従来困難であった小動物穴等の微細な変状の計測が可能。

技術概要

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

除草と同時に堤防計測できるシステム、 CalSok(刈測)
(AC-180021-A)  (KT-180041-A)
副題 大型除草機械搭載型の計測システムで、堤防の3次元地形データを計測
開発会社 朝日航洋株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、堤防の維持管理・点検のため、除草時に堤防地形(地盤高)を計測する技術で、従来は除草工及びMMSによる地形計測で対応していた。本技術の活用により、植生の影響を抑えた正確な計測結果が得られるため、堤防地形(地盤高)データの品質の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/16)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・堤防の維持管理・点検のため、除草時に堤防地形(地盤高)を計測する技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・除草工及びMMSによる地形計測

③公共工事のどこに適用できるのか?

・除草工及び堤防維持管理、点検業務

④その他

【開発の経緯】
・国土交通省の平成26年度「社会インフラへのモニタリング技術の活用推進に関する技術研究開発に係る公募」にて採択をうけ、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)「 インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」の助成を受け、河川堤防のモニタリングを目的として研究開発した技術である。

【従来課題と技術】
・植生により正確な堤防地形の計測ができないという従来課題を、除草工に本計測技術を付随することで、正確に、効率よく、かつ持続的に堤防地形の計測と経年モニタリングを可能とする技術。

【特徴】
従来のMMS計測と比較して以下の特徴がある。

・除草直後の計測のため、植生の影響を抑えた、正確な堤防地形(地盤高)の計測が可能
・堤防法面に対し近接(約1.2m)かつ、垂直な計測方法のため、法面全体を均一に計測でき、さらにレーザー光の地盤到達率が向上するため、堤防地盤の微細な形状を把握できる。
・特に、従来困難であった小動物穴等の微細な変状の計測が可能。

技術概要

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/16)
除草と同時に堤防計測できるシステム、 CalSok(刈測)
(AC-180021-A)  (KT-180041-A)
副題 大型除草機械搭載型の計測システムで、堤防の3次元地形データを計測
開発会社 朝日航洋株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、堤防の維持管理・点検のため、除草時に堤防地形(地盤高)を計測する技術で、従来は除草工及びMMSによる地形計測で対応していた。本技術の活用により、植生の影響を抑えた正確な計測結果が得られるため、堤防地形(地盤高)データの品質の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/16)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。