×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

TS出来形及び土木測量作業支援多機能電子野帳 TS-FIELD/DC-6E
(AC-150019-A)  (KT-150104-A) 更新履歴
副題 トータルステーションと接続し、「TSを用いた出来形管理要領」の施工管理データをTS出来形のみならず土木測量作業に用いることができる電子野帳
開発会社 株式会社ピースネット
区分 システム
アブストラクト 本技術は、「TS出来形施工管理データ」を取込み、基本観測(土木測量)作業に用いることができる電子野帳システムで、従来は電子野帳へ3次元データの手入力で対応していた。本技術の活用により事前入力作業の手間が低減するため、経済性、省力化及び工程の短縮が図れる。
  • 印刷

プラス情報


動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

資料をダウンロード

 ダウンロードできる資料がありません。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・「TS出来形施工管理データ」を取込み、基本観測(土木測量)作業に用いることができる電子野帳システム。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・電子野帳へ3次元データの手入力。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路、河川、舗装工事
・中心線測量
・縦断測量
・横断測量
・平板測量
・杭の復元・設置
・丁張り設置
・出来形計測

④その他

・従来、土木測量に用いる電子野帳は一般的な座標SIMAデータを除き、他のソフトウェアで作成した路線中心計算等のデータ互換性が乏しく、3次元データを手入力で対応していた。一方、「TS出来形施工管理データ」は、「TSによる出来形管理に用いる施工管理データ交換標準(案)」にてデータの仕様が定められており、対応しているソフトウェア間での互換性が非常に高いものである。そこで、「TS出来形施工管理データ」を用いることにより3次元データの入力を簡略化し、入力作業工程の短縮と入力ミスの軽減を図ることが出来るようにした技術である。
・本技術は電子野帳ソフトウェア、推奨ハードウェアで構成される技術であり、別途「基本設計データ作成ソフト」によりデータ作成を行ない、観測作業時はトータルステーションと接続を行う必要がある。接続の際、RS-232C有線ケーブル接続時はケーブル長の制限によりトータルステーション近接での作業となるが、Bluetooth接続時は機器の性能により5m程度から最大100m程度まで離れた位置での作業が可能である。
・推奨ハードウェア(堅牢型パソコン)のバッテリ駆動時間はメーカ公称値として約9時間(動作環境・液晶の輝度・システム設定により変動)。また、充電時間は約2.5時間(電源オフ時)、約3時間(電源オン時)。

電子野帳

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

TS出来形及び土木測量作業支援多機能電子野帳 TS-FIELD/DC-6E
(AC-150019-A)  (KT-150104-A)
副題 トータルステーションと接続し、「TSを用いた出来形管理要領」の施工管理データをTS出来形のみならず土木測量作業に用いることができる電子野帳
開発会社 株式会社ピースネット
区分 システム
アブストラクト 本技術は、「TS出来形施工管理データ」を取込み、基本観測(土木測量)作業に用いることができる電子野帳システムで、従来は電子野帳へ3次元データの手入力で対応していた。本技術の活用により事前入力作業の手間が低減するため、経済性、省力化及び工程の短縮が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/01/21)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・「TS出来形施工管理データ」を取込み、基本観測(土木測量)作業に用いることができる電子野帳システム。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・電子野帳へ3次元データの手入力。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路、河川、舗装工事
・中心線測量
・縦断測量
・横断測量
・平板測量
・杭の復元・設置
・丁張り設置
・出来形計測

④その他

・従来、土木測量に用いる電子野帳は一般的な座標SIMAデータを除き、他のソフトウェアで作成した路線中心計算等のデータ互換性が乏しく、3次元データを手入力で対応していた。一方、「TS出来形施工管理データ」は、「TSによる出来形管理に用いる施工管理データ交換標準(案)」にてデータの仕様が定められており、対応しているソフトウェア間での互換性が非常に高いものである。そこで、「TS出来形施工管理データ」を用いることにより3次元データの入力を簡略化し、入力作業工程の短縮と入力ミスの軽減を図ることが出来るようにした技術である。
・本技術は電子野帳ソフトウェア、推奨ハードウェアで構成される技術であり、別途「基本設計データ作成ソフト」によりデータ作成を行ない、観測作業時はトータルステーションと接続を行う必要がある。接続の際、RS-232C有線ケーブル接続時はケーブル長の制限によりトータルステーション近接での作業となるが、Bluetooth接続時は機器の性能により5m程度から最大100m程度まで離れた位置での作業が可能である。
・推奨ハードウェア(堅牢型パソコン)のバッテリ駆動時間はメーカ公称値として約9時間(動作環境・液晶の輝度・システム設定により変動)。また、充電時間は約2.5時間(電源オフ時)、約3時間(電源オン時)。

電子野帳

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/01/21)
TS出来形及び土木測量作業支援多機能電子野帳 TS-FIELD/DC-6E
(AC-150019-A)  (KT-150104-A)
副題 トータルステーションと接続し、「TSを用いた出来形管理要領」の施工管理データをTS出来形のみならず土木測量作業に用いることができる電子野帳
開発会社 株式会社ピースネット
区分 システム
アブストラクト 本技術は、「TS出来形施工管理データ」を取込み、基本観測(土木測量)作業に用いることができる電子野帳システムで、従来は電子野帳へ3次元データの手入力で対応していた。本技術の活用により事前入力作業の手間が低減するため、経済性、省力化及び工程の短縮が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/01/21)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。