×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

タフマックス
(AC-160028-P)  更新履歴
副題 水性無機・高耐候性・親水性・防錆塗料
開発会社 有限会社セラテック、日研株式会社 (旧社名;株式会社日板研究所)
区分 材料
アブストラクト 本技術は、水性シリケート系の塗装材で従来はC-4系塗装で対応していた。本技術の活用することで結合反応により塗装面に防錆効果のあるアモルファス膜を形成するため、品質の向上が図れる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

 写真ギャラリーが未登録です。

動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

資料をダウンロード

 ダウンロードできる資料がありません。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

開発者からのお知らせ

本技術は、国土交通省NETISにNETIS番号KT-030044-Aとして平成26年10月まで掲載されていました。

 

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・水性シリケート系の塗装材

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・C-4系塗装

③公共工事のどこに適用できるのか?

・橋梁上部工等.鋼構造物の塗装に使用する

④その他

○技術概要
・鋼構造物の亜鉛メッキ等に対し、簡単な下地処理でタフマックス(水性シリケート塗料)は、縮合反応により機械的に噛み付き塗膜が密着します。また、微細な孔が空いているため、亜鉛メッキの白化現象による酸化物が塗膜の孔に入り込み、密着力は阻害されません。
・タフジンクー11は、亜鉛粉末と水性シリケート系硬化剤を混合攪拌して塗装する防錆ジンクリッチ塗料です。
・タフマックスはシリケートを結合材に無機着色顔料、体質顔料 、水及び分散材などの添加剤から成っており、脱水による縮合反応が進行して、アモルファスの膜をつくることで構成されております。

○詳説
・鋼材表面をショットブラスト・サンドブラスト・1種ケレン(SIS Sa2.5以上)をした後、ターニング(変色)する前に無機ジンクリッチ塗料(タフジンクー11)を下塗りした上に、水性シリケート系の着色塗料(タフマックス=90%以上が無機質)を上塗りすると、耐候性に優れた防錆カラー塗装ができます。この防錆保護膜は、塩分が付着して腐食反応を促進させる厳しい環境下の鋼構造物においても、長期間に亘り赤錆の発生を抑止することができる。
・その結果、長期間不動体保護膜として犠牲防食効果を発揮し続けます。無機ジンクリッチ塗料(タフジンクー11)も微細な孔が空いているため、母材まで傷つけても有機樹脂塗料等の隠蔽塗膜に比べ、格段に電食要因の電圧・電流が低減されます。そのために、集中的な腐食因子に成り難く、赤錆等の発生抑止効果は長期間に亘り発揮され続ける。

・微粒子を敷き詰めたような塗膜で,下地の亜鉛と相性が良くプライマーを必要とせず直接塗れる。また、コンクリートやモルタル等のカルシウム成分と化学反応して安定した珪酸カルシウム層が形成されるため、それらの化粧塗装にもプライマーは不要で、直接塗装される。
・常に大気中の水分を吸着して薄い水膜ができている状態であり、親水性が高いため静電気汚れも発生しにくい。
・特殊な酸化チタン等の金属触媒を添加することにより、光触媒機能等も付加することができる。

呼吸膜の説明

タフマックス塗膜物性例
試験項目 試験条件 試験結果 試験結果 
内容 基材 普通鋼 亜鉛メッキ 
〃 下塗剤 ジンク11 - 
〃 上塗剤 SSA-1000 SSA-1000 
〃 塗膜厚約μm 150 65 
密着性 JISK5400ゴバン目テープ法 100/100 100/100 
鉛筆引っかき値 JISK5400硬度 6 5 
耐温水性 60℃温水20間浸漬 変化なし 変化なし 
耐湿性 50℃95%RH30日間後 変化なし 変化なし 
耐アルカリ性 飽和Ca(OH)2液10浸漬 変化なし 変化なし 
耐酸性 2%塩酸液スポット8時間 少し黄変 少し黄変 
耐衝撃性 JISK54001/2インチ500g×20㎝ 変化なし 変化なし 
水の接触角 親水度20度 17 19 
透水性 JIS5400ml/㎡/day 3.2×10 1.6×10 
耐熱性 6時間保持温度 500 450 
促進耐侯性 スーパーUV1000時間ΔE 4.3 3.8 
促進耐侯性 サンシャインウェザーメーター3,000時間ΔE 3.8 3.8 
耐侯性 海岸暴露ΔE 4.5 3.9 

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

タフマックス
(AC-160028-P)  更新履歴
副題 水性無機・高耐候性・親水性・防錆塗料
開発会社 有限会社セラテック、日研株式会社 (旧社名;株式会社日板研究所)
区分 材料
アブストラクト 本技術は、水性シリケート系の塗装材で従来はC-4系塗装で対応していた。本技術の活用することで結合反応により塗装面に防錆効果のあるアモルファス膜を形成するため、品質の向上が図れる。

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。