×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

SGシート
(AC-150013-A)  (KT-150067-A) 更新履歴
副題 目視にて損傷確認が可能な複層構造のトンネル用防水シート
開発会社 藤森工業株式会社、フジモリ産業株式会社
区分 材料
アブストラクト 本技術は白色層と黒色層で構成される複層防水シートで、従来は単層の防水シートで対応していた。本技術の活用によりトンネル坑内等の比較的照度が低い現場における防水層損傷箇所の視認性が確保できるため、品質の向上が図れる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

 写真ギャラリーが未登録です。

動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

資料をダウンロード

 ダウンロードできる資料がありません。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・白色層と黒色層で構成される複層防水シート

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・単層の防水シート

③公共工事のどこに適用できるのか?

・トンネル工事(NATM)のシート防水工

④その他

・トンネル工事(NATM)のシート防水工で使用する防水シートは吹付けコンクリートと覆工コンクリートの間に面的に設置することにより、覆工コンクリートへの透水を阻止し、トンネル周方向に導水させる役割をもつ。
・従来は単色単層の防水シートを使用しており、色は規格化されていないが、本技術は白色層と黒色層で構成される複層防水シートである。
・防水層損傷箇所の補修漏れは漏水の原因となるが、本技術は白色層と黒色層のコントラストがはっきりしており、トンネル坑内等の比較的照度が低い(10ルクス程度)現場における防水層損傷箇所の視認性が確保できるため、補修漏れが軽減されトンネル工事(NATM)のシート防水工の品質が確保できる。
・本技術は鉄筋組立時に鉄筋と防水シートが干渉し、防水層が損傷する危険性が高いトンネル工事(NATM)の鉄筋区間に特に効果を発揮する。

製品概要

製品規格
製品名防水層厚み(mm)全幅(mm)製品重量(kg/㎡)構成
標準タイプFF208XHU-SG0.82200±51.052以上0.8mmEVA(白色層+黒色層)+不織布
高排水タイプFF208PHU-SG0.82200±51.052以上0.8mmEVA(白色層+黒色層)+立体網状体付不織布
全周防水タイプFF220XHU-SG2.02200±52.18以上2.0mmEVA(白色層+黒色層)+不織布
広幅タイプFF608XHU-SGZ0.86360以上1.052以上0.8mmEVA(白色層+黒色層)+不織布 3枚繋ぎ
広幅全周防水タイプFF620XHU-SGZ2.06360以上2.18以上2.0mmEVA(白色層+黒色層)+不織布 3枚繋ぎ
超広幅タイプFF1008XHU-SGZJ0.810520以上1.052以上0.8mmEVA(白色層+黒色層)+不織布 5枚繋ぎ
超広幅全周防水タイプFF1020XHU-SGZJ2.010520以上2.18以上2.0mmEVA(白色層+黒色層)+不織布 5枚繋ぎ
二重溶着標準タイプFF208XHU-SGW0.82200±51.052以上0.8mmEVA(白色層+黒色層)+不織布、溶着部2枚重ね
二重溶着高排水タイプFF208PHU-SGW0.82200±51.052以上0.8mmEVA(白色層+黒色層)+立体網状体付不織布、溶着部2枚重ね
二重溶着全周防水タイプFF220XHU-SGW2.02200±52.18以上2.0mmEVA(白色層+黒色層)+不織布、溶着部2枚重ね
二重溶着広幅タイプFF608XHU-SGW0.86360以上1.052以上0.8mmEVA(白色層+黒色層)+不織布 3枚繋ぎ、溶着部2枚重ね

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

SGシート
(AC-150013-A)  (KT-150067-A)
副題 目視にて損傷確認が可能な複層構造のトンネル用防水シート
開発会社 藤森工業株式会社、フジモリ産業株式会社
区分 材料
アブストラクト 本技術は白色層と黒色層で構成される複層防水シートで、従来は単色単層の防水シートで対応していた。本技術の活用によりトンネル坑内等の比較的照度が低い現場における防水層損傷箇所の視認性が確保できるため、品質の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/03/16)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・白色層と黒色層で構成される複層防水シート

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・単色単層の防水シート

③公共工事のどこに適用できるのか?

・トンネル工事(NATM)のシート防水工

④その他

・トンネル工事(NATM)のシート防水工で使用する防水シートは吹付けコンクリートと覆工コンクリートの間に面的に設置することにより、覆工コンクリートへの透水を阻止し、トンネル周方向に導水させる役割をもつ。
・従来は単色単層の防水シートを使用しており、色は規格化されていないが、本技術は白色層と黒色層で構成される複層防水シートである。
・防水シートは「標準タイプ(FF208XHU-SG)」の他に「エコタイプ」「高排水タイプ」「WTタイプ」「広幅タイプ」「超広幅タイプ」「二重溶着タイプ」「寒冷地タイプ」があり、それぞれの特徴を組合せることが可能である。
・トンネル構造は排水構造と非排水構造(WT)に区分され、防水シートは防水層の厚みによって使い分けする。
・トンネル湧水は0.2L/分/m未満(無し~滲水)と10L/分/m未満(滴水~条水)に区分され、防水シートは排水性能によって使い分けする。
・現場溶着箇所を削減による安定した品質確保を目的とし予め工場溶着を行う場合は「広幅タイプ」「超広幅タイプ」を使用する。
・FILM工法(背面平滑型トンネルライニング工法)はトンネル形状の型枠外周面に防水シートを展張し、吹付けコンクリートの凹凸部と防水シートとの空隙に充填材を注入することで、吹付けコンクリートに防水シートが平滑なトンネル形状に保持される工法であり、防水シートは「広幅タイプ」「超広幅タイプ」を使用する。
・現場溶着箇所からの漏水リスク低減のため現場溶着を二重で補強する場合は「二重溶着タイプ」を使用する。
・トンネル施工場所は寒冷地(北海道地区)とそれ以外に区分され、寒冷地(北海道地区)で使用する場合は、防水シートは「寒冷地タイプ」を使用する。
・防水シートはEVAと裏面材(不織布等)を工場で一体化させる場合、吹付けコンクリートの凹凸部が大きいと防水シートの展張時の弛みにより防水シート背面に空隙が出来やすくなるが、EVAと裏面材を別貼りすることで吹付けコンクリートの凹凸部に追従させることが可能である。

製品概要

製品規格
組合せ  製品名 適用(構造) 適用(湧水) 適用(広幅) 適用(補強) 適用(別貼) 防水層厚(mm) 全幅(mm) 構成 
SG(標準) FF208XHU-SG 排水 <0.2L/分/m - - 可 0.8 2200 EVA+不織布 
SG×エコ FF208XHU-SGEC 排水 <0.2L/分/m - - 可 0.8 2200 EVA+再生材不織布 
SG×高排水 FF208PHU-SG 排水 <10L/分/m - - 可 0.8 2200 EVA+立体網状体付不織布 
SG×WT FF220XHU-SG 非排水 - - - 可 2.0 2100 EVA+不織布 
SG×広幅 FF608XHU-SGZ 排水 <0.2L/分/m 広幅 - 可 0.8 6360 EVA+不織布、3枚繋ぎ 
SG×広幅×高排水 FF608PHU-SGZ 排水 <10L/分/m 広幅 - 否 0.8 6360 EVA+不織布+立体網状体+不織布、3枚繋ぎ 
SG×広幅×WT FF620XHU-SGZ 非排水 - 広幅 - 可 2.0 6360 EVA+不織布、3枚繋ぎ 
SG×超広幅 FF1008XHU-SGZJ 排水 <0.2L/分/m 広幅 - 否 0.8 10520 EVA+不織布、5枚繋ぎ 
SG×超広幅×WT FF1020XHU-SGZJ 非排水 - 広幅 - 否 2.0 10520 EVA+不織布、5枚繋ぎ 
SG×二重溶着 FF208XHU-SGW 排水 <0.2L/分/m - 二重溶着 可 0.8 2200 EVA+不織布、ヒレ付 
SG×二重溶着×高排水 FF208PHU-SGW 排水 <10L/分/m - 二重溶着 可 0.8 2200 EVA+立体網状体付不織布、ヒレ付 
SG×二重溶着×WT FF220XHU-SGW 非排水 - - 二重溶着 可 2.0 2100 EVA+不織布、ヒレ付 
SG×二重溶着×広幅 FF608XHU-SGZW 排水 <0.2L/分/m 広幅 二重溶着 可 0.8 6360 EVA+不織布、3枚繋ぎ、ヒレ付 
SG×二重溶着×広幅×WT FF620XHU-SGZW 非排水 - 広幅 二重溶着 可 2.0 6360 EVA+不織布、3枚繋ぎ、ヒレ付 
SG×寒冷地 FF208XHU-SGH 排水 <0.2L/分/m - - 可 0.8 2200 EVA+不織布 
SG×寒冷地×高排水 FF208PHU-SGH 排水 <10L/分/m - - 可 0.8 2200 EVA+立体網状体付不織布 

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/03/16)
SGシート
(AC-150013-A)  (KT-150067-A)
副題 目視にて損傷確認が可能な複層構造のトンネル用防水シート
開発会社 藤森工業株式会社、フジモリ産業株式会社
区分 材料
アブストラクト 本技術は白色層と黒色層で構成される複層防水シートで、従来は単色単層の防水シートで対応していた。本技術の活用によりトンネル坑内等の比較的照度が低い現場における防水層損傷箇所の視認性が確保できるため、品質の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/03/16)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。