×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・現場向けクラウド型の防災気象情報配信サービス

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・現場専用の気象情報配信サイト

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土木工事・建築工事など屋外で実施される工事全般。

④その他

<システムの耐久性>
お天気クラウドの全システムは365日24時間無停電かつ有人保守管理を行う国内データセンター内で運用されています。システム稼働実績は、定期的なメンテナンス、バージョンアップによる作業時間を除き、99.9%以上の稼働率となっています。

<詳細>
申請技術はクラウド上のwebサービスにおいて、全国の任意の場所における降雨、強風、落雷、台風、熱中症などの危険予測情報のwebおよびメール通知機能および作業員の安否確認機能を提供する気象災害への防災対策を行うシステムです。
本技術は全国の任意の場所を利用者側で設定することができます。また、設定地点の降雨、強風、落雷、台風、熱中症などの気象災害の危険をメールで通知することも可能。通知するメールアドレスは利用者側がクラウド上のwebサービスで自ら登録することができます。
作業現場が変更になった場合も、利用者側が自ら登録位置を変更することができます。さらにシステムのクラウド化により、労務費が大幅に削減され、初期導入費用は不要、月額費用も大幅に削減されます。

お天気クラウド・機能概要

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

お天気クラウド・工事現場の気象対策サービス
  (KT-150026-VE)
副題 クラウド型防災警報メール・リアルタイム降雨落雷強風監視・ピンポイント気象予測閲覧システム
開発会社 日本気象株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、初期費用の発生しないクラウド型のメール通知機能付き防災気象情報配信システムで、従来は、提供準備で施工現場毎に初期費用が発生するシステム形態で対応していた。本技術の活用により、大幅な気象対策コスト縮減が図れます。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/07/23)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・現場向けクラウド型の防災気象情報配信サービス

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・現場専用の気象情報配信サイト

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土木工事・建築工事など屋外で実施される工事全般。

④その他

<システムの耐久性>
お天気クラウドの全システムは365日24時間無停電かつ有人保守管理を行う国内データセンター内で運用されています。システム稼働実績は、定期的なメンテナンス、バージョンアップによる作業時間を除き、99.9%以上の稼働率となっています。

<詳細>
申請技術はクラウド上のwebサービスにおいて、全国の任意の場所における降雨、強風、落雷、台風、熱中症などの危険予測情報のwebおよびメール通知機能および作業員の安否確認機能を提供する気象災害への防災対策を行うシステムです。
本技術は全国の任意の場所を利用者側で設定することができます。また、設定地点の降雨、強風、落雷、台風、熱中症などの気象災害の危険をメールで通知することも可能。通知するメールアドレスは利用者側がクラウド上のwebサービスで自ら登録することができます。
作業現場が変更になった場合も、利用者側が自ら登録位置を変更することができます。さらにシステムのクラウド化により、労務費が大幅に削減され、初期導入費用は不要、月額費用も大幅に削減されます。

お天気クラウド・機能概要

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/07/23)
お天気クラウド・工事現場の気象対策サービス
  (KT-150026-VE)
副題 クラウド型防災警報メール・リアルタイム降雨落雷強風監視・ピンポイント気象予測閲覧システム
開発会社 日本気象株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、初期費用の発生しないクラウド型のメール通知機能付き防災気象情報配信システムで、従来は、提供準備で施工現場毎に初期費用が発生するシステム形態で対応していた。本技術の活用により、大幅な気象対策コスト縮減が図れます。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/07/23)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。