×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・道路工事等で、二次災害を未然に防ぐための太陽電池式道路工事保安灯。
・LED点滅に同期システムを搭載。同期点滅には電波時計に使用されている「標準電波」を利用し発光
・LED2色(赤と緑)を配置し、標準電波を一定時間ごと受信して複数個の製品を同時に交互点滅させる仕組みとなっている
・同期点滅により同じタイミングでLEDの色を変えて点滅させることにより、規制間の線形誘導度の向上にもつながる。特に緑色のLEDは、視認感度として明所視と暗所視でも視認性効果が高い。
・LEDはオリジナル拡散LED赤・緑色を各4個を採用し、発光部内部には反射鏡として内部カバーへアルミ蒸着をし、拡散LEDの発光をさらに強くした構造になっている
・電池はニッケル水素バッテリーを使用し、電池寿命は3~4年。またバッテリーはリサイクル可能で環境に配慮

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来商品は乾電池式で約一ヶ月連続使用で電池の交換が必要
・工期が長期間になると、電池交換の手間、電池コスト、使用後の電池の廃棄と経済性、安全性、環境への影響とどれもが問題視されている

③公共工事のどこに適用できるのか?

・工事規制区間

工事現場使用状況

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ニューネオソーラーⅡ
  (TH-090017-VE)
副題 ニッケル水素電池を使用した太陽電池式・同期システム機能付き道路工事用保安灯
開発会社 株式会社仙台銘板、株式会社産業資材センター
区分 製品
アブストラクト 本製品は太陽電池式工事灯で蓄電池に環境を配慮したニッケル水素電池を仕様。LED点滅に同期システムを搭載し、電波時計に使用されている「標準電波」を利用し複数個の製品を同時に交互点滅させる仕組みとなっている。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/11/18)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・道路工事等で、二次災害を未然に防ぐための太陽電池式道路工事保安灯。
・LED点滅に同期システムを搭載。同期点滅には電波時計に使用されている「標準電波」を利用し発光
・LED2色(赤と緑)を配置し、標準電波を一定時間ごと受信して複数個の製品を同時に交互点滅させる仕組みとなっている
・同期点滅により同じタイミングでLEDの色を変えて点滅させることにより、規制間の線形誘導度の向上にもつながる。特に緑色のLEDは、視認感度として明所視と暗所視でも視認性効果が高い。
・LEDはオリジナル拡散LED赤・緑色を各4個を採用し、発光部内部には反射鏡として内部カバーへアルミ蒸着をし、拡散LEDの発光をさらに強くした構造になっている
・電池はニッケル水素バッテリーを使用し、電池寿命は3~4年。またバッテリーはリサイクル可能で環境に配慮

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来商品は乾電池式で約一ヶ月連続使用で電池の交換が必要
・工期が長期間になると、電池交換の手間、電池コスト、使用後の電池の廃棄と経済性、安全性、環境への影響とどれもが問題視されている

③公共工事のどこに適用できるのか?

・工事規制区間

工事現場使用状況

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/11/18)
ニューネオソーラーⅡ
  (TH-090017-VE)
副題 ニッケル水素電池を使用した太陽電池式・同期システム機能付き道路工事用保安灯
開発会社 株式会社仙台銘板、株式会社産業資材センター
区分 製品
アブストラクト 本製品は太陽電池式工事灯で蓄電池に環境を配慮したニッケル水素電池を仕様。LED点滅に同期システムを搭載し、電波時計に使用されている「標準電波」を利用し複数個の製品を同時に交互点滅させる仕組みとなっている。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/11/18)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。