×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

ケーブルネットとは、斜面の広範囲に点在している浮石や転石の上から、ケーブルを細かく格子状に張設し、浮石や転石を斜面上で押さえ、斜面上での初期始動が起きないようにして落石を未然に防護する工法である。主ケーブルは、破断強度の1/3を設計荷重とし、地盤に打設したアンカーと設計荷重以上の締結力を有するクリップ(SKアンカークリップ)で固定されている。2m間隔の主ケーブル間のすきまから落石のする抜けが無いように、0.5m間隔で補助ケーブルを張設し、落石を未然に防ぐ工法である。0.5m間隔のケーブル格子目よりも小さな転石があり、斜面下部に防護工がない場合は、金網を併用する場合もある。下表の*印を参照。
ケーブルネットとは、斜面の広範囲に点在する浮石の上からケーブルを網(格子)状に張設し、その張設面の周囲と内側(4㎡に1本)にアンカーを打設する。ケーブルとアンカーを固定することで浮石に作用する下向きの荷重をアンカーで斜面に保持し、浮石の初期移動を抑止する工法である。
またSK厚ネットとは、ケーブルネットと同様な工法であるが、厚ネットを併用するため小規模な落石を予防することができ、さらに厚ネット内に土等を堆積させることが可能であるため緑化を目的とする場合にも用いられる工法である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

急斜面で規模の大きい浮石や転石に対処するために現場打ちコンクリートのり枠工が用いられていた。この工法は他工法(吹付工や張工)に比較して大きい抑止力、支持力が期待できる。凹凸がある斜面中の浮石などをのり枠内に包みこむことができ、梁の大きさを調整することにより、もたれ擁壁のような効果を期待することもできる。

③公共工事のどこに適用できるのか?

治山事業、急傾斜対策事業、道路災害事業、砂防事業および、落石の危険性がある斜面下に道路や民家・建築物等があり、被害が予想される場合の安全対策工事に適用できる。

ケーブルネット施工例

ケーブルネット・SK厚ネットの型式と構成主部材
抑止工法 型式 主ケーブルサイズ 補助ケーブルサイズ 縦主ケーブルピッチ×横主ケーブルピッチ (m) 補助ケーブルピッチ(m) 網呼びサイズ 
ケーブルネット SCN12-2×2-N 3×7 G/O φ12 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 ― 
ケーブルネット SCN14-2×2-N 3×7 G/O φ14 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 ― 
ケーブルネット SCN16-2×2-N 3×7 G/O φ16 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 ― 
ケーブルネット SCN18-2×2-N 3×7 G/O φ18 3×7 G/O φ14 2.0×2.0 0.5 ― 
ケーブルネット(金網併用*) SCN12-2×2-N* 3×7 G/O φ12 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 菱形金網φ3.2×50×50 
ケーブルネット(金網併用*) SCN14-2×2-N* 3×7 G/O φ14 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 菱形金網φ3.2×50×50 
ケーブルネット(金網併用*) SCN16-2×2-N* 3×7 G/O φ16 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 菱形金網φ3.2×50×50 
ケーブルネット(金網併用*) SCN18-2×2-N* 3×7 G/O φ18 3×7 G/O φ14 2.0×2.0 0.5 菱形金網φ3.2×50×50 
SK厚ネット SKN12-2-30 3×7 G/O φ12 ― 2.0×2.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=30) 
SK厚ネット SKN12-5-30 3×7 G/O φ12 ― 2.0×5.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=30) 
SK厚ネット SKN14-2-30 3×7 G/O φ14 ― 2.0×2.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=30) 
SK厚ネット SKN12-2-50 3×7 G/O φ12 ― 2.0×2.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=50) 
SK厚ネット SKN12-5-50 3×7 G/O φ12 ― 2.0×5.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=50) 
SK厚ネット SKN14-2-50 3×7 G/O φ14 ― 2.0×2.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=50) 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ケーブルネット・SK厚ネット工法
  (QS-090035-VE)
副題 ケーブルネットまたは厚ネットを用いた落石予防工法
開発会社 神鋼建材工業(株)
区分 工法
アブストラクト 斜面の広範囲に点在している浮石や転石の初期移動を抑止する工法で、ケーブルを格子状に細かく(0.5m間隔で)張設し、アンカー体で浮石を斜面上に押さえ、斜面全体の浮石の初期始動が起きないようにして落石を未然に防ぐ工法である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/16)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

ケーブルネットとは、斜面の広範囲に点在している浮石や転石の上から、ケーブルを細かく格子状に張設し、浮石や転石を斜面上で押さえ、斜面上での初期始動が起きないようにして落石を未然に防護する工法である。主ケーブルは、破断強度の1/3を設計荷重とし、地盤に打設したアンカーと設計荷重以上の締結力を有するクリップ(SKアンカークリップ)で固定されている。2m間隔の主ケーブル間のすきまから落石のする抜けが無いように、0.5m間隔で補助ケーブルを張設し、落石を未然に防ぐ工法である。0.5m間隔のケーブル格子目よりも小さな転石があり、斜面下部に防護工がない場合は、金網を併用する場合もある。下表の*印を参照。
ケーブルネットとは、斜面の広範囲に点在する浮石の上からケーブルを網(格子)状に張設し、その張設面の周囲と内側(4㎡に1本)にアンカーを打設する。ケーブルとアンカーを固定することで浮石に作用する下向きの荷重をアンカーで斜面に保持し、浮石の初期移動を抑止する工法である。
またSK厚ネットとは、ケーブルネットと同様な工法であるが、厚ネットを併用するため小規模な落石を予防することができ、さらに厚ネット内に土等を堆積させることが可能であるため緑化を目的とする場合にも用いられる工法である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

急斜面で規模の大きい浮石や転石に対処するために現場打ちコンクリートのり枠工が用いられていた。この工法は他工法(吹付工や張工)に比較して大きい抑止力、支持力が期待できる。凹凸がある斜面中の浮石などをのり枠内に包みこむことができ、梁の大きさを調整することにより、もたれ擁壁のような効果を期待することもできる。

③公共工事のどこに適用できるのか?

治山事業、急傾斜対策事業、道路災害事業、砂防事業および、落石の危険性がある斜面下に道路や民家・建築物等があり、被害が予想される場合の安全対策工事に適用できる。

ケーブルネット施工例

ケーブルネット・SK厚ネットの型式と構成主部材
抑止工法 型式 主ケーブルサイズ 補助ケーブルサイズ 縦主ケーブルピッチ×横主ケーブルピッチ (m) 補助ケーブルピッチ(m) 網呼びサイズ 
ケーブルネット SCN12-2×2-N 3×7 G/O φ12 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 ― 
ケーブルネット SCN14-2×2-N 3×7 G/O φ14 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 ― 
ケーブルネット SCN16-2×2-N 3×7 G/O φ16 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 ― 
ケーブルネット SCN18-2×2-N 3×7 G/O φ18 3×7 G/O φ14 2.0×2.0 0.5 ― 
ケーブルネット(金網併用*) SCN12-2×2-N* 3×7 G/O φ12 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 菱形金網φ3.2×50×50 
ケーブルネット(金網併用*) SCN14-2×2-N* 3×7 G/O φ14 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 菱形金網φ3.2×50×50 
ケーブルネット(金網併用*) SCN16-2×2-N* 3×7 G/O φ16 3×7 G/O φ12 2.0×2.0 0.5 菱形金網φ3.2×50×50 
ケーブルネット(金網併用*) SCN18-2×2-N* 3×7 G/O φ18 3×7 G/O φ14 2.0×2.0 0.5 菱形金網φ3.2×50×50 
SK厚ネット SKN12-2-30 3×7 G/O φ12 ― 2.0×2.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=30) 
SK厚ネット SKN12-5-30 3×7 G/O φ12 ― 2.0×5.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=30) 
SK厚ネット SKN14-2-30 3×7 G/O φ14 ― 2.0×2.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=30) 
SK厚ネット SKN12-2-50 3×7 G/O φ12 ― 2.0×2.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=50) 
SK厚ネット SKN12-5-50 3×7 G/O φ12 ― 2.0×5.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=50) 
SK厚ネット SKN14-2-50 3×7 G/O φ14 ― 2.0×2.0 ― 厚ネットφ3.2×45×42(t=50) 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/16)
ケーブルネット・SK厚ネット工法
  (QS-090035-VE)
副題 ケーブルネットまたは厚ネットを用いた落石予防工法
開発会社 神鋼建材工業(株)
区分 工法
アブストラクト 斜面の広範囲に点在している浮石や転石の初期移動を抑止する工法で、ケーブルを格子状に細かく(0.5m間隔で)張設し、アンカー体で浮石を斜面上に押さえ、斜面全体の浮石の初期始動が起きないようにして落石を未然に防ぐ工法である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/06/16)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。